ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【耐震偽造】氷山の一角現れど、本体は現れず・・。

<<   作成日時 : 2005/11/24 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨今の大ブームの強度計算書偽造問題。はたして全国に凄い勢いで建設されるマンション、ホテルの中で同様の手口で構造に問題のある建物は他に無いのだろうか?
いまや、マスコミの報道方針は、問題が最初に発覚した建築設計事務所と、関わりのある物件及びその関係者に限られている。
国や住民の責任はもとより、他に同様の問題があるか無いかは最早、関係無い。
不幸にも全くの偶然で何の落ち度も責任も無くたまたま問題物件に住むはめになった善良極まりない住民に対し、自治体や国の拠出する税金や債券に由来する金銭による完全なる救済。そして、もともと悪いことをした建築士と、見るからに悪人顔で自己保身の弁しか行わない販売会社の社長さえ罰すれば、それで満足という方向に向かっているように思える。
これでは中世の魔女狩りとなんら違いが無い。
問題は根本的に解決されないような気がする。今回指摘されなかった業者は、ほとぼりが冷めたらより巧妙に同じ事を繰り返すだけになることだろう。

何しろ国が動かない。
動いた事と言えば、件の建築士の資格取り消しと民間委託の検査業者に対する調査のみである。


昔あった出来事を思い出さざるをえない。
1996年8月、
給食で、病原性大腸菌O-157による食中毒が多発的に発生し、原因となったと思われる全ての給食に使われていたとされた「かいわれ大根」が感染源に事実上特定され、当時の厚生省が「かいわれ大根が感染源である可能性は否定できない」とコメント。「かいわれ大根」は店頭から短期間で姿を消し、倒産するかいわれ業者も相次いだ。
現在でも、学校給食における「かいわれ大根」の取り扱いには充分な注意が必要とされている。
結局「かいわれ大根犯人説」は裏付ける証拠が出ないまま、あやふやになった。
時の厚生大臣、菅直人が、かいわれ大根を食べる姿が大々的に報道され安全宣言をしたのは、あまりにも印象的な記憶である。

・病原性大腸菌O-157は牛の腸内に生息する。
・感染は給食によって起きた。
牛ときて、給食とくれば、牛に由来するあの飲み物を連想するのは、いたって自然な流れである。
しかし、当時の国及び報道機関は「かいわれ大根」犯人説を持ち上げ、完全なる真犯人へと祀り上げた。
あの牛由来の飲み物を疑うような意見など、少なくともテレビ、新聞による報道では一切触れられる事は無かった。
当時の農林水産省の関係情報にも直接的には触れられていない。怪しいのはもっぱらかいわれ大根を始めとする野菜類である事が分かる。

2000年に起きた雪印集団食中毒事件、2002年の雪印牛肉偽装事件と続いた事により、雪印グループが沈没した出来事は記憶に新しい。
あの時は、なんとなくではあるが、本当に牛乳を飲まなかった。
国全体として見ても経済的損失はかなりのものだったと思われる。

真実を伝える事よりも、経済的混乱を招かないようにする方を最優先とする。
そのためには、損害のより少なくなる方向でスケープゴートが必要になる。


さて、昨今の強度偽造問題。。
問題発端となった建築士と、建築物及びその関連業者だけがスケープゴートになってはいないだろうか。
「こんなのは氷山の一角」と言う事情通の言葉が本当だとしたら、世の中の民間開発の建築物はほとんどヤバイという事になり、国の根幹を揺るがしかねない大問題に発展することは必定である。

建設関連会社は補償問題と信頼失墜により倒産を余儀なくされ、失業者が急増し、問題のある高層建築物は取り壊し費用がどこからも出ないまま放置され、やがて倒壊に至るものもある。
景気悪化に伴い、やがて廃ビルを中心に大規模なスラム街が形成され治安は劇的に悪化する。
縦方向に伸びていた都市は横方向に広がるようになり、自然環境が加速度的に失われる・・。

最悪の想定ではあるが、確かに実態を一気に明らかにするのは影響が大きすぎるような気がしないでもない。
しかし、本当に大地震が来て、未発表の高層住居が倒壊して犠牲者が出てからでは遅いのである。
もし、そのような形で偽造隠しが発覚したら、最悪の想定により近付くと思うのだが・・・

小出しでもいいから、国には国民の安全を第一に、誠実な対応をしてもらいたいものである。


↓「病原性大腸菌O‐157集団食中毒事件」の真相↓
かいわれ

雪印集団食中毒事件関連
検証・「雪印」崩壊
ブランドはなぜ墜ちたか

大人の参考書「官僚vs政治」がわかる!
なぜ「耐震偽装問題」は起きるのか
なぜ「耐震偽装問題」は起きるのか (講談社+α新書 (254-2D))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歴史は繰り返すもの
 「耐震データ偽造」のニュースが巷をにぎわせています。まさか違法な建築が行われ、検査機関もすり抜けてしまったなんて誰も想像だにしていなかった。 ……「ホントにそうか?」とちょっと考えてみる。 ユーザーの知らないところで、実はいろいろとやっているんじゃないかと少し意地悪く考えてみる。 ユーザーのことを第一に考えて食品、製品、サービスを提供しなければならないのは基本中の基本なんですが、実はそれは「見える部分」だけではないのか。 過去にだって、雪印乳業が大規模な集団食中毒を起こした際には、売れ残った牛... ...続きを見る
Sho's PROJECT 思馳日記 B...
2005/12/17 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【耐震偽造】氷山の一角現れど、本体は現れず・・。 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる