ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 燃料は水。夢の暖房装置が爆発。

<<   作成日時 : 2005/11/21 15:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0


大変興味を惹くニュースが入った。

以下、各種ニュースサイトより抜粋、合成、一部再編集した記事である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
19日午前9時20分ごろ、金沢市利屋町、会社経営/民間団体「アースファイヤー普及協会」理事長若林光彦さん(66)方住宅の車庫内で爆発があり、近くの水引製造業/同協会事務局長山下彰治さん(55)が全身やけどで間もなく死亡した。外装業/同協会会員の深谷尚登さん(35)が顔をやけどした。

爆発したのは「アースファイヤー」と呼ばれる 暖房装置の金属製タンク部分。同装置は、「超電磁水素酸素発生装置」と呼ばれる装置を使い水の電気分解によって発生した水素と酸素を、 ガソリンを貯めた別の金属製タンク内に送って混合ガスを生成し、これを燃料としてボイラーで燃焼させて温風を出す仕組み
爆発したのはビニールハウス300坪(約990平方メートル/約10a)用という。
暖房装置は「地球救済新エネルギー開発機構」(東京)が製造、若林さんが代表に就くコー ジン(金沢市)が総代理店となっているが、販売実績はないという。
「地球環境に優しい新エネルギー」をうたい文句に、関係者が新暖房装置の拡販を目指 している矢先の爆発火災だった。

若林さんは、同装置を拡販するために昨年十二月に設立したアースファイヤー普及協会の理事長を務める。三人はこの日午前九時ごろから第九回の「取扱主任研修講座」を開催し、山下さんが装置を操作中に爆発した 。この日は大阪府から4人が見学に来ていた。
若林さんによると、装置は熱源の水を分離した水素と酸素をエネルギーに変えるため、 有害な排ガスが出ないという。若林さんが装置を約五百万円で購入し、九月の稼働から講 習会などで二、三十回使用したが、一度も異常は見られなかったとしている。主に山下さ んが装置の操作をしていたといい、十九、二十日の研修講座を経て、二十一日から若林さ んの自宅で温風暖房として使う予定だった。
若林さんが営業面、山下さんが技術面をそれぞれ担当し、装置の普及にあたっていた。 若林さんによると、特約店は全国で約四十カ所あったという。若林さんは「これからとい う時に片腕を失ったのは非常に残念」と唇をかみしめた。
10月に県産業展示館であったフェアでも、協会員が宣伝していたが、まだ1台も売れていなかったという。
「クリーンな地球を取り戻そう」。同協会が作った広報誌には、こうつづられ、カタログでは「非爆発性の新エネルギー」とうたっていた。
協会員になるには、50〜10万円を支払って営業権を購入するらしく、数十万円を払ったという金沢市の協会員(56)は「安全性は大丈夫と聞いていたので驚いている。エコロジーだと思っていたが…」と話した。
講習に同席するため、現場付近にいた地球救済新エネルギー開発機構の代表を務める安田光昭総代は、「講習を繰り返し行う中で、異常がなかっただけに驚いている。捜査機関に協力し、爆発の原因を究明し、再発防止を図りたい」と話した。

消防では、何らかの原因で静電気などの火種がタンク内で生じたか、外部 要因が加わってタンク内に火種が入り込み、ガスに引火、爆発したとみられ、同署などは 業務上過失致死傷などの疑いもあるため、装置の一部を持ち帰って原因究明を進めている 。
また、ガソリンを送り込む部分にホコリが入り込み爆発を引き起こした可能性もあるともみて調べを進めている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この若林光彦さん
平成15年度、住民自治功労者として知事表彰を受けている。
花園地区日吉々丘町会長としての功労から、30世帯以上の町会長で10年以上在任ということで知事感謝状を受賞した。

ライオンズクラブの会員でもある。
金沢森本ライオンズクラブのHPにてプロフィール
−−−−−−−−−−−−−−−−−
若林 光彦    泣Rージン
郵政関連事業40年余の経験を生かして、福祉、環境、情報、雇用問題等の仕事を中心に人生の再出発であります。
また、生活環境の充実した地域社会づくりのために貢献できる事業経営をめざします。
<事業内容>
玄米粥5種類(プレーン・ウコン・明日菜・桑葉・大麦若葉)、賃貸共済事業、着衣型チャイルドシート、食料品、ギフト用品、家庭用カラオケ棒、あぶらとり紙、建設資材の販売および健康福祉、環境問題、雇用問題、地域開発などのコンサルティングを提供しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

一方、装置を製造した地球救済新エネルギー開発機構の代表を務める安田光昭総代については、
安田光昭(活性磁化水研究家)
1949年青森県生まれ。
(株)プロスハート代表取締役会長。
1995年、現在の活性磁化水装置を扱う事業を行うまでには、飲食業、建築業、輸送業・・・と数十種類にも及ぶ事業を自ら経営してきた。
「仕事が趣味」という氏は、キックボクサーとして10年間日本ランキング入りしていた格闘家でもある。
(財)東興協会、全日本ちびっこグローブ空手連盟会長等、多くの役職と肩書を持つ情熱の人である。
著書に「磁気力(パワー)―活性磁化水の秘密
永久磁石のエネルギーを電気エネルギーに変換するスピノス発電機の販売元スピノス事業協同組合とも関係あり。
なかなかの磁力のエキスパートと思われる。


21日のフジテレビ「特ダネ!」でも取り上げられ、
犠牲者が出てもなお、開発、普及の意欲を失わない理事長の言葉の紹介を受け、
「こんな地球を救う素晴らしいものは、多少の失敗にくじけず、なんとしても実用化して欲しい」
といった感じの意味の賛辞と激励のコメントがなされた。


さて、以上抜粋。これより本文。
う〜ん、香ばしい匂いがする
地球上に無尽蔵にある水を燃料に暖房が出来る。
本当に夢のような技術である。
かつて、発明家として有名なドクター中松が同様に水を燃料にしたエンジンを発明したが、「限りある資源である水を枯渇させてはいけないから、この技術は世に出さない」と言って封印した事があった。
どうやらドクター中松方式の場合は燃料の水を他の物質に転換するかエネルギーに転換するなどして2度と水として排出されないシステムだったらしい。

ところが今回の夢の装置は電気分解によって、水を水素と酸素に分解した後燃焼させるというのだから何の損失も無く再び水が生成される。
途中何故か地球温暖化の元凶でもあり大気汚染の原因にもなるガソリンを使用するが、まあ技術は飛躍的に発展するものでは無く、開発途中の装置であり、過渡期にある技術という事で多少の既存燃料の使用はいたしかたあるまい。将来的には水のみを燃料した装置になるに違いない。
灯油式の温風ヒーターなどは、大量の熱を排気ガスとして排出するため熱効率には限界がある。
しかし、この夢の装置では排気に二酸化炭素も有害物質も含まれず、排気をそのまま暖気として使用できる(あくまでガソリンに頼らないようになったらだが・・)。熱エネルギーのロスは無く、実に効率が良いものと思われる。

さて、ここで最も気になるのは水を水素と酸素に電気分解するために要するエネルギーと発生するエネルギーの収支である。
もし、万が一、分解に要するエネルギーが発生するエネルギーを上回るような事があったら、電熱線ででも暖房しても大して効率は変わらないという事になる。むしろ100%電気暖房の方が効率が良い事だってありうる。
わざわざ、電気を使用して水を分解して再び水に戻すのである。燃焼によるエネルギーの方が大きくなければ、途中の過程は全く無駄になる。

高校程度の理科の知識しか無い私には、「エネルギー保存の法則」という科学界の原則が思い出された。
法則にあてはめると、理論上、水を分解するのに必要なエネルギーと分解された水素と酸素を燃焼させる事により生ずるエネルギーは等しい事になる。
あくまで理論値であって、実際には様々なロスが生じ、最初に与えたエネルギーを発生したエネルギーが上回る事は決して無い。もし上回るような事が可能ならば、外部から何のエネルギーを加えられなくても動き続ける永久機関が既に世の中に溢れているはずだ。

「超電磁水素酸素発生装置」というものが、いかにロスを最低限に抑えた画期的装置だとしても、分解に要した電気エネルギーを、燃焼によって発生するエネルギーが上回る事は物理的にありえない。
ただし、実質的に熱に変換されるエネルギーとなると別問題である。
この装置は、電気で直接熱を発生させる電熱線のようなもので発生させられるエネルギーより、一度水素と酸素に分解したものを燃焼させて発生したエネルギーの方が、前述の通り、排気による熱ロスは無い訳であるし、ひょっとしたら実際に取り出されるエネルギーが大きい事は考えられなくも無い。
電気によりガスの圧縮、各種コントロール、排気ファン等を回したりする事を考えると、そんなに効率が良いとは思えないが・・・。

もしかしたら、「超電磁〜」と言うのだから事実上の永久機関であるスピノス発電機を利用する事により、電気分解に必要な電力は装置自ら発電するのかも知れない。

さて水素ガスと酸素を混合させて燃焼させるというと、思い出されるのは日本が誇るHUロケットである。大変な費用と技術力をつぎ込んで開発されたにも関わらず、相次いだ打ち上げ失敗は記憶に新しい。
NASAのスペースシャトルも燃料の水素漏れには随分悩まされている。
もちろん、ロケットと暖房装置では、一定時間に使用する水素ガスの量や圧力等は桁違いに違うものと思われる。しかし最低限のガス漏れ防止や、燃焼室からガスタンクへの逆流防止、ガソリンを適量混合するための装置など、かなりの技術が盛り込まれている事は間違いない。

それだけの高度な技術が、たったの500万円の装置に詰め込まれている。てっきり億は行ってるものと思っていた。
はっきり言って安すぎる。今回の爆発事故は、安全対策不足によって起きたものでは無いだろうか。
やはり水を燃料にするなどという画期的技術の夢の装置の開発には困難が付きまとうのを避ける事は出来ない。

ビニールハウス用に使用される装置だという。
例えば、11月から4月までハウス内の最低温度を12℃以上に設定しようと思えば10a(約300坪)あたり15000リットルもの石油(A重油)を消費するという。
それだけの石油消費が抑えられる事になる。莫大な量である事は明白だ。
原油価格高騰の影響もあって、これから需要が出る事は間違いあるまい。

今の御時勢、太陽電池パネルや風力発電機とセットで売って電気代の問題をクリアすることも考えられる。

是非、開発している地球救済新エネルギー開発機構や、普及を目指す「アースファイヤー普及協会」の方々には、たゆまぬ努力をして頂き、夢の暖房装置の安全性と、ガソリンに頼らない、純粋に水だけによる夢の暖房装置の開発を是非続けて欲しい。
アースファイヤーの今後の活躍を見守りたいと思うのであった。

それにしても「アースファイヤー普及協会」。ホームページが無いらしい。
なんという奥ゆかしさだろうか。


さて、ここから先は余談であるが・・・・、今回の件を受けて、
とある金儲けの方法を思いついた。
【注意:以下に書かれた行為は犯罪です。絶対実際に行わないでください】
@ 通常の石油を燃焼させる方式の暖房装置を用意する。
A 給水装置と水を電気分解する装置を作る。
B @とAを格好良く組み合わせて、それらしく配管する。
  発生した酸素と水素は取り扱いが困難なので、煙突などで大気中に放出するようにする。
  数値を少なく表示する電力計や、隠し石油タンクなども必要。
C いかにも水が分解して出来た水素と酸素が燃えているように見せかけて運転し、出資を募る。
  そしてあわよくば、製品を販売する。
  ついでに太陽光発電システムや風力発電機などを抱き合わせで販売する。
  石油を使用するのは着火時のみなどと説明するが、実はずっと燃焼し続けている。
D もし苦情が来て、ごまかしきれなくなったら、集めた資金を持って逃走・・・
  当然、事故などを起こすと発覚する恐れがあるので、安全対策だけは惜しまない。
  大きく宣伝せず、あくまでもクチコミで出資者を集める。
  組織のあり方に疑問を抱く者がいたら、いつでも事故に見せかけて抹殺可能。

かなり、大まかで適当ですが・・・、
しかし、装置製造のコストや資金の回収方法など専門知識を持って臨まなければ太刀打ちできない要素が多すぎる上に、しかも死亡事故なんぞ起こしたらお終いである。
こんなリスクが多すぎる方法はやめた方がいい。


【送料無料】静岡製機株式会社 HOT GUN(ホットガン)熱風オイルヒーター HG50D
【送料無料】静岡製機株式会社 HOT GUN(ホットガン)熱風オイルヒーター HG50D

【送料無料】静岡製機 HOT GUN(ホットガン)上下角度可変の大型熱風オイルヒーター HGMAXD II
【送料無料】静岡製機 HOT GUN(ホットガン)上下角度可変の大型熱風オイルヒーター HGMAXD II

ペレットストーブ用
100%有機素材 広葉樹皮を固形化しました[地球にやさしい燃料]樹皮ペレット(20kg入り)
《暖炉・薪ストーブのお店》【限】KOZIペレットストーブ Model 100XL-BDスタンドタイプ
磁気力(パワー)―活性磁化水の秘密 (マイ・ブック)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネットに事故死の児童写真無断掲載
今朝特ダネをつけたら、小倉さんがエライ怒った様子で、何か訴えていたので、何が起こったのかとよーく聞いてみると、全くとんでもない事件だった。 ひどすぎるネットに事故死の児童写真無断掲載に私はこう思う。 ...続きを見る
子供の視力@子供の視力を守ろう
2006/12/04 17:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
燃料は水。夢の暖房装置が爆発。 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる