ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ産牛肉輸入再開、最悪のタイミング

<<   作成日時 : 2005/12/13 14:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 3

アメリカ産の牛肉が輸入再開される見込みとなった。
人間の目によって選別された月例20ヶ月以下の牛肉を検査なしで輸入するそうである。

私個人の意見を言えば、大変喜ばしい事である。国産、他国産を含め牛肉の値段が安くなる。さみしい夜のお供の牛丼が再開される。どうせ狂牛病が感染してクロイツフェルトヤコブ病(伝達性海綿状脳症)になるなど宝くじに当たるような確率である。

国民の3分の2が米国産牛肉に不安を覚え、約半数が買わないと予想される今、輸入を再開する意義はどこにあるのか?
日本国政府などからは安全の宣言や説明は一切積極的になされない。

もっぱら世間ではアメリカの圧力に屈服したとの見方が多いように思われる。

ここで昔の話を2題、
1993年、歴史的な米不足により緊急輸入されたタイ米が人気がまるで出ず、抱き合わせ販売、不法投棄、投売りなどがされる事態となり、タイ米そのものが不味いイメージが定着したまま現在に至る。その後、一部のエスニック食材店以外で売られる事は無くなった。
タイ米は水稲のみで食べてこそ美味いものを、日本人の口に合わせるという訳の分からない理由により陸稲をブレンドされてベチャベチャとなり、とどめに輸入船が日本に入港した時に船ごと燻蒸剤で燻され最悪の食味とされた。
またニュースでは「輸入されたタイ米にネズミの屍骸」が大々的に報道され、ネズミも住める無農薬で安全な米と言うイメージになりようもなく、ただ気持ち悪いイメージのみが先行した。

2001年、アメリカ産のリンゴ、レッドデリシャスとゴールデンデリシャスの2種がスーパーの果実売り場に花を添えた事があった。正直国産以上に美味しくは無かったが、まさに白雪姫のリンゴであったために我が家では好評を得た。
しかし翌年以降再び輸入される事は無かった・・。
アメリカの圧力により輸入に踏み切った事は明白であった。
輸入開始前、ニュースでは米国産リンゴの残留農薬や病害虫の話ばかりが取り上げられ、イメージが悪かった事は明白である。
結局、日本国民に受け入れられなかったという名目で2度目の輸入は無かった。

さて、今回の牛肉輸入再開、
再開前にはテレビでネガティブなニュースだけが強調されて流され、上記の2事例と同様の結果に向けて歩みだしたように思えてならない。
国内の高級牛肉関連業者の保護の為だろうか、まさか世界の食糧事情を鑑みての政策ではあるまい。貿易黒字を数値上維持したいが為だけかもしれない・・。
ネガティブキャンペーンによる輸入阻止を、国が意図的に行っているという現実を深く認識すべきである。
国民は手玉に取られ馬鹿にされている。

まあ、そもそもアメリカにより、洋食化を一気に推進させられた事への反動であれば良い事なのだが・・・
実際日本人は、海外からの輸入に頼らない以前の食生活には戻れないだろうに・・。

ちなみに、
国産牛肉ではトレーサビリティ(追跡性)が確立され、万が一流通している期間内に実は狂牛病だった事が判明すると、問題のある牛肉だけを回収できて、問題牛を世に出した生産者と流通業者だけをピンポイントで処分する事が出来る。売り場から一斉に牛肉が姿を消す事もなければ、畜産業に大きな被害を与える事も無い。なにより消費者の不安感を煽らない優秀なシステムである。
一方、クロイツフェルトヤコブ病の潜伏期間は8年〜10年と言われ、発症患者が明らかになってから原因の牛を特定する仕組みでない事は明白である。
全頭検査は、やがて検査員の代替わりなどによる検査の形骸化により機能にほころびが出るのは過去のあらゆる例により明らかな事であり、日本でも発症者が出る可能性は0では無いのである。
そもそも全飼育頭数の違いから、狂牛病の発生率はアメリカより日本の方がはるかに高い。

今回の国民総購買拒否作戦がもし成功したならば、次回は捕鯨再開をし、水産資源を回復させなければ日本人に必要なタンパク質は確保されない。
既に日本人の牛肉食が定着して、国内でも食用牛の飼育がされている時点で、餌の穀物はアメリカに頼っている訳で、完璧では無いんだけどね。

ここで、アメリカ牛の輸入再開が失敗したら、牛肉は高いままで庶民の口に入る機会は2度と訪れないだろう。
世界人口の増加に伴う食料危機の顕在化により、畜産物の生産は減少に転ずる事は明らかであり、予想通りにアメリカ牛が受け入れられない事態になったら、二度と牛肉は食べられないという事になりかねない。
もっと国民の抱いているイメージをしっかり調査して検討できなかったのかとアメリカに同情的になったりもする。


昨今の小児受難事件の数々を受けての警備体制や警備装置の拡充。子供らへの過剰な性悪説的安全教育・・・。
内需拡大の為に国民が踊らされているとしか思えなくなってくる。
根本的に考えなければいけない課題はそこじゃ無いと思うんだが・・・・


だから、アメリカの牛肉は危ない!──北米精肉産業、恐怖の実態
だから、アメリカの牛肉は危ない!──北米精肉産業、恐怖の実態

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米国産牛肉輸入再開、米は更なる規制緩和も今後要求
↑拙作です↑1. 米国産牛肉輸入再開、米は更なる規制緩和も今後要求産経新聞から:米産牛肉輸入2年ぶり再開決定 18日空輸第1便 BSE(牛海綿状脳症)の発生で輸入が停止していた米国・カナダ産牛肉について、政府は12日、正式に輸入再開を決めた。農林水産省が同日のBSE... ...続きを見る
メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日...
2005/12/13 17:43
私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます!
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶことになる。 アメリ.... ...続きを見る
「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋...
2005/12/14 09:01
【米産牛肉輸入再開】牛丼好きには厳しい現実
さて、アメリカ産牛肉の輸入再々開の見込みになりました。 『米牛肉輸入再開で合意 日米、BSE対策強化条件』  政府は21日午前、米国産牛肉の輸入再開問題で米政府と局長級のテレビ電話会議を再開、日本側の米食肉処理施設への現地調査により牛海綿状脳症(BSE)対策の強化を確認することなどを条件に輸入再開で合意した。約1カ月の調査の後、米国から日本に牛肉が到着するのは、7月後半以降になる見込みだ。  政府が14日までに全国10カ所で開いた消費者らとの意見交換会では、米国産牛肉の安全性への懸念... ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2006/06/22 13:32
今日もいい日で
こんにちは。アメリカ産牛肉輸入再開、最悪のタイミング ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/ウェブ...を興味深く読ませていただきました。勉強になりました。そのとおりだと思います。また読ませていただきたいと思います。アメリカ産牛肉の輸入再開、このやり方でいいんでしょうか。 ...続きを見る
はろーあっぷこむ
2006/06/25 07:42
やっぱりマルナカ!アメリカ産牛肉販売再開!!
今年の7月の終わりにアメリカ産牛肉の輸入再開が決定されても、一向に家庭に届かないアメリカ牛・・・ こちら愛媛では3ヶ月以上待って、やっとです・・・!! 県内スーパーで米国産牛肉が店頭販売 今年7月に輸入が解禁されたアメリカ産牛肉を、解禁以降、県内のスーパーでは初めて、「マルナカ」が、きょうから販売開始しました。アメリカ産牛肉の販売を始めたのは、香川県に本部を置く、大手スーパー「マルナカ」で、焼肉用の牛肉の品揃えを充実させるため、きょうから5日間限定で店頭販売します。販売するのは、カル... ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2006/11/15 12:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントに・・・国民は馬鹿にされている。
本気になって怒ればいいのにぃ・・・。

でも・・・
それだけ今は反対していても、実際にアメリカ牛の輸入再開して・・
牛丼が復活したら、みんな結構群がって食べるんだろうなぁ。

ああ・・我が国の、なあ〜なあ〜文化。

また、寄せてもらいます・・・。
POCO
2005/12/13 15:53
コメントありがとうございます!

そうでしたか・・。今年の2月、松山に行ったんですよ。
http://www.jyohoku.com/shanai/2005tosa.html

選択肢がないのは困りますね。

是非とも情報開示だけはしっかりやってほしいものです。
「感動創造」
URL
2005/12/14 11:52
POCO様、コメントありがとうございます。
結局、国民と言うものは国家に踊らされるものなんでしょうかね〜。
下手すると、戦時中のように全体主義的にならないとも限らないような気がします・・・。

「感動創造」様、
道後温泉、楽しそうでしたね〜。
是非、またお越し下さい〜(^.^)/
ひげメガネ
2005/12/16 13:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカ産牛肉輸入再開、最悪のタイミング ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる