ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速船トッピー事故 潜水艦説も

<<   作成日時 : 2006/04/13 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

さて九州沖(大ざっぱ!)で”クジラらしきもの”と衝突したとされる高速船トッピー事故。乗っていた全員の負傷が今更確認されたのは、やっぱり個人情報保護法の影響でしょうか。

12日に鹿児島ドックで陸揚げされて詳しい調査となりましたが、今のところ”目視”での付着物は確認できなかったそうです。
船底右後部に長さ約1.9メートル、幅約30センチ、深さ約6センチのへこみがあったのいうのですから、それなりに大きなものがぶつかったのでしょう。
「船体後部のフレーム(骨格)が曲がって左舷側の大型発電機も衝撃で前方にずれていた」といいますから、かなりの衝撃が想像できます。良く沈まなかったものです。

何せ、船体を浮かせて水上を走る構造上、船体重量は軽くしなければならず、クジラのような比較的軟らかい物体でもぶつかればそれだけの損傷になるのでしょう。
最高速度は45ノット(時速約86Km!)、通常、全速航行で43ノット(時速約80km)の速度が一気に0になったといいますから死者がでなかった事が幸運とすら言えます。

海上保安庁は会見で「クジラに限定せず全ての可能性を踏まえて調査する」と言っていましたが、流木等の漂流物の可能性に言及しただけでした。
当然、”可能性”としてなら容易に想定できるであろう「潜水艦」については一切言及されていません。
まあ、微妙な国際関係への配慮という事でしょうが、ちょっぴり情報統制されてる感を感じます。
拉致問題を北朝鮮政府が認めて以来、日本政府や各報道機関にもやっと本当の事を隠さずに言う度胸が付いたかと感心していました。
しかし、これでは随分昔に話題になった日本各地で発見された風船爆弾の存在を日本政府が隠匿していた時代に逆戻りかなと思ってしまいます。
(風船爆弾事件に関してはネットで検索しても本当に情報が少ないです。当時1回テレビで報道されたと思ったら翌日以降の続報が一切無かったという不気味な事件です。)

話はそれましたが、この事故の影響で高速船でのシートベルト着用を強化するとか、クジラの成育域を避けるように航路を変更するとか、クジラ除けの装置を改良するとか、クジラ監視専用水中聴音装置を設置するとか、果ては増えすぎたクジラを減らすために捕鯨を再開せよなどという話まで出ている。(ちなみに私は捕鯨賛成。往時のような乱獲には反対。)
すっかりクジラが悪者になっていますが、海を我が物顔で高速で駆け抜ける生物が一番悪い事は明確です。
結局は責任回避のための方策でしか無いでしょう。


現在、第十管区海上保安本部によって事故現場付近の海底80mに何か沈んでいないか調査しているそうですが、キャタピラの付いたものが重いものを引きずって行った跡とか見付かるんじゃないかと淡い期待・・・。
海面に漂流物が見付かっていないので、ぶつかった犯人が生物か潜水艦なら海底に沈んでいるのが発見される事でしょう。
いずれにせよ詳細な調査結果が待たれます。

各種対応については、世論がなんでもかんでも企業や行政の責任を問う昨今の風潮が良く顕れていると思います。
最近は救急車を呼んでも、医療過誤で責任を負いたくない病院をたらい回しにされて病院到着が以前に比べて如実に遅くなっているといいます。
子供に緊急通報装置を持たせた事がきっかけで、近所のつながりが希薄になった地域もあると聞きます。
責任追及は陰にこもったエネルギーを発散させストレス解消にもなる非常に楽しい事ですが、このような責任逃れ社会に発展する事を誰が想像した事でしょう。

エネルギーを陰に向かわせないようにする意識改革や代替行為の普及を願います。

なんのこっちゃ・・・(乱文失礼)

管理とは何か

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
捕鯨賛成!−捕鯨問題は、世界平等の縮図である。
遂に捕鯨再開が視野に入ってきた。 ...続きを見る
TrendCyclone
2006/06/18 22:31
万が一の事故に備えて用意が大切
自動車事故は安全運転をして、日々注意していれば必ず防げるという 類のものではありません。ご自身に過失がなくても追突事故、信号無視と いったことで事故に巻き込まれたり、イタズラや盗難に あってしまう可能性はあります。そういった時のために日頃から準備を しておく事が大切です。 ...続きを見る
さくっと解決 自動車保険比較
2007/10/15 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高速船トッピー事故 潜水艦説も ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる