ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉小6焼死、中1兄放火「手口は学校で習った」

<<   作成日時 : 2006/08/25 14:03   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

埼玉での放火小6焼死事件で、犯行手口は、小学校の授業で得た知識を元にしていたという衝撃的な事実が明らかになりました。

『<埼玉小6焼死>中1兄が放火「両親困らせたかった」』
(抜粋)
 埼玉県吉川市の新聞販売店従業員の男性(35)方が全焼し、焼け跡から小学6年の二男(12)の遺体が見つかった火災で県警吉川署は24日、公立中1年の長男(13)を児童福祉法に基づき、現住建造物等放火の非行事実で県越谷児童相談所に通告した。同署は「児童自立支援施設への入所が相当」との意見を付け、長男は児童相談所に預けられた。長男は「父のしつけが厳しく、母も冷たかった。以前から家を燃やして両親を困らせてやりたいと思っていた」と放火を認めているという。
 調べによると、長男は23日午後10時半ごろ、自宅2階の自室押し入れ内で、液体蚊取り器の芯(しん)の上にマッチの火薬部分をのせ、さらに新聞紙や教科書などを置き蚊取り器の熱で着火させ、木造2階建て住宅135平方メートルを全焼させた疑い。
 長男は液体蚊取り器から煙が出るのを確認後、2階の別室で寝ていた長女を起こして一緒に逃げたという。
 蚊取り器で発火させる仕組みは、学校の授業で火の取り扱いに関するビデオを見て知ったという。
(毎日新聞) - 8月25日3時3分更新


他報道ではどう伝えられているかというと、
・テレビで危険な火災原因の一例として教えられたものだった。(産経新聞)
・「小学校の授業でビデオを見て知った。ライターやマッチだとすぐに火が上がるので、自分も危ないと思った」と話している。(asahi.com)

当ブログでも過去に何度も触れてきましたが、遂に恐れていた事が明るみに出たという感です。
事故防止/犯罪被害防止のための教育が、逆に犯罪手口を教える事や、ならばどうすれば「事故を起こせるか/犯罪を成功させられるか」と考えさせる機会に成り得る、という事が証明されたように思います。

ニーチェいわく、
「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。」

まだ“心の幼い”児童生徒に、事故/犯罪防止の名目で数々の事故/犯罪事例を示すことは、同時に犯罪を助長する結果になる事は間違いありません。

一刻も早く、手口を具体的に教え、考えさせるような現在のやり方を止めなければいけません。

私達の世代においては、性病予防の名目で、性病患者の局部写真を授業で見せられた記憶が38歳になった今も鮮烈に残ります。
それは、まさに「性行為そのものが絶対悪」という印象として強く残っています。
現在の少子化の最も大きな要因がそこにあると私は主張します。

その他、未成年の喫煙予防の行き過ぎが、現在のような喫煙者が強く差別される社会形成の元になったとも思います。

確かに、私が子供の頃にも、時限発火装置の作り方の知識を得る機会はありました。
でもそれは子供向きの雑誌・書籍類に推理クイズ等として載せられていた情報であり、一部しか知りえない事でした。

それが、昨今では授業で児童生徒全員が「液体蚊取り器の芯にマッチを乗せて作る時限発火装置」の作り方を“習う”のです。

「学校で習った」という金印を頂く事によって罪の意識が和らぐなんて効果もあるかもしれません。

今回の放火事件は、家族間の問題が根底にあり、手口を知らなかったからと言って必ずしも防げるものでは無かったでしょう。
でも、犯罪を助長する可能性は確実に高くなっています。

最近は、小学校で性犯罪の被害に遭わないように徹底して教育されていると言います。
・「お父さんがケガをしたから、病院に行こう。オジサンの車に乗りなさい」
・宅配業者を装って子供ひとりで留守番している家に押し入る。
・インターネットで大人向けのページを見たら、請求書が送られてきた。
などなど・・・
犯罪発生の防止効果も確かにあるでしょうが、これを犯行の手口として学習する者が居ないとは限りません。

この子供たちがやがて思春期を迎え、大人になっていく時にどうなるのか不安でなりません。
もちろん、子供だけでは無く、その情報を伝える側(教師)にも犯罪の手口を認識させる事になります。
最近、現職教師による少年少女を狙った犯罪が増えているような気がするのは、気のせいでしょうか?


どうも、将来どんどん社会がよろしくない方向に向かうように思えてなりません。

「近頃の若い者は・・・」というのと同様のオヤジ特有の杞憂だったら良いのじゃが・・・

↓参考に
非行を叱る
教育近未来
被害者の親と呼ばれないために加害者の親と呼ばせないために
僕たちはいらない人間ですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<埼玉小6焼死>中1兄が放火
 埼玉県吉川市の新聞販売店従業員の男性(35)方が全焼し、焼け跡から小学6年の二男(12)の遺体が見つかった火災で県警吉川署は24日、公立中1年の長男(13)を児童福祉法に基づき、現住建造物等放火の非行事実で県越谷児童相談所に通告した。同署は「児童自立支援施設への入所が相当」との意見を付け、長男は児童相談所に預けられた。長男は「父のしつけが厳しく、母も冷たかった。以前から家を燃やして両親を困らせてやりたいと思っていた」と放火を認めているという(毎日新聞) ...続きを見る
ブログLOVE
2006/08/25 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
埼玉小6焼死、中1兄放火「手口は学校で習った」 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる