ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 出張旅費不正請求の小さな大事実

<<   作成日時 : 2006/08/11 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、公的機関で出張の旅費を格安航空券などを使用したにも関わらず定価で請求して差額を不正に受け取った事で○○名が処分されたなんてニュースをちらほら聞くようになった。
そこで、公務員をしている知人に「いつまでもそういう事やってると処分受けるよ〜」と言ったところ、こんな答えが・・・、

「ああ、みんなやってるよ〜」
「しかも旅行会社がグルだから〜」
「処分って言っても、譴責(けんせき)とか戒告とかの軽い処分だし、記録に残るって言っても余程調べないと分からないしね〜」

な〜んて言ってました・・・

旅行会社が共犯だったとは、初耳です。(いかにもナルホドな事ですが)
まあ、表沙汰になるのは本当に「氷山の一角」で、多少ニュースになったところで「見せしめにされた」程度の認識なんでしょう。

でも、良く考えると一般の会社だったら、そんな程度の不正受給は当たり前だよね〜
よっぽど内規が厳しい大企業ならそんな事もないのかもしれないけど・・・

問題は、税金をそんな事に使っているという得体の知れないイメージが最悪なだけであって。

旅行会社が共犯って事は、領収書に嘘の記載をしてるって事だから、有印私文書偽造かなんかで罪になりそうだけど・・・

そういえば昔、私が仕事場で怪我した時も、会社に命令されて「労災隠し」をしたんだけど、通院した病院もその辺の事を理解してくれていたし・・・
本来、労働災害保険で払われるべき補償を肩代わりしてくれる民間保険会社もある訳で・・・
(詳しくは【やっぱ労災隠しは無くならない・・】に)

結局民間企業は、お客様に再び利用してもらう事が何よりだから、時には不正の片棒を担ぐ事もしょうが無いんだね〜。

という訳で、「モラルはどうなってるんだ〜!」とか「徹底的に洗い出せ〜!」なんてマスコミは世論を誘導しようと必死に見えるんだけど、実際は何も変わることは無いんだよね〜。

「官を変革しろと言っているのに、何故民間まで変革をしなければいけないんだ〜!」
って騒いでいる人達は思うだろうからね〜。

まあ、マスコミにしてみれば、公務員のそういった不正は「お客様」「ネタ元」な訳だから、あんまり叩きすぎて畑から作物が取れなくなったら困るんだろうしね〜。

一見、正義が暴走しているようにしか見えないマスコミの残酷な追求もいつのまにか緩んでいくしね〜。

結局は、“なあなあ”のまま、この先も何も変わらないままなんだろうな〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出張旅費不正請求の小さな大事実 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる