ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 流行る飲酒運転ニュース、思い上がるマスコミ

<<   作成日時 : 2006/09/14 14:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先月8月25日の福岡での幼児3人死亡の飲酒運転事故以来、世のマスコミは飲酒運転事故を伝えるのが流行になっているようです。

そして先日9月12日より全国で一斉に始まった飲酒運転取り締まり強化週間に合わせるように、ここ数日、大々的にニュースの中心になっています。

そんな中、昨夕放送の日本テレビ系列の「Newsリアルタイム」でアナウンサーの笛吹雅子だったかが、こんな事を言っていました。
「これだけニュースで伝えられているにも係わらず、一向に飲酒運転事故は減る気配を見せません」(うろ覚え御免)

へぇ〜、へぇ〜
マスコミの人って、世の中の事故や犯罪がニュース報道される事によって減ると思ってたんだ〜。
へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜・・・・・(満へぇ〜!)

知らなかったー!
今回のような明らかに興味本位で突発的に重点を置いて伝えられるようなニュースにそんな効果があるなんて考えた事も無かった〜。

だけど、少年による自宅放火事件なんかは明らかに報道によって広く知られた事によって増加してるような・・・。
マスコミは、犯罪を助長する事はあっても減らす事はありえないと思い込んでいただけに笛吹アナの発言は非常に新鮮でした。

しかも、何年も前に飲酒運転による事故が厳罰化されたにも係わらず、未だに飲酒運転してる人って、ニュースなんて見てないか、見ても気にしないか、周囲の人もそんなに強く注意しない人か、深刻なアルコール依存症の人ばっかりだと思うのです。

今さら、マスコミ各社がどんなにキャンペーンをしたところで、飲酒運転が減るとは考えられません。

しかも各社横並びで、内容は一緒。
相次ぐ飲酒事故。怒る被害者の家族。ひき逃げの厳罰化・・・
もっと飲酒運転事故で人生を棒にふった人を取材するとか、飲酒以外の危険運転を吊るし上げにするとか、個性的報道の方向性はいくらでもあると思います。


(以下余談)
私は運転免許も持っていません。
飲みに行く時は自転車も乗りません。
なので飲酒運転をする人の気持ちは計りかねます。

しかし、歩行者&自転車乗りとして日頃から腹に据えかねている事は山ほどあります。
交通規則の大原則、「弱者優先」を実行していないドライバーは実に多いです。
(免許制度の無い自転車乗りの方がもっと多いですが・・・)

私は学生時代に友人の引越しを手伝った時に幹線道路をリアカーを牽引しながら歩いた経験があります。
はっきりいって、おっかなびっくり交通量の多い道路の路肩でリアカー引いていました。
案の定、クルマはクラクションを鳴らしながら追い越し、明らかにイラついていました。
そこに、ミニパトがやってきて、さあいよいよ怒られる〜、と思った時・・・、
なんと、ミニパトはリアカーを交通量の少なくなる所まで先導してくれたのでした。

人力牽引のリアカーといえども、車両であり、路肩を通行する権利があると知ったのは後の事です・・・。

横断歩道・踏み切り等で一時停止しない自動車。
どう見ても退避できる所の無い狭い道でクラクションを鳴らすドライバー。
信号の無い横断歩道を歩行者が渡っていてもスピードを緩めないドライバー。
歩道を歩行者を押しのけて走る自転車。

心根の弱い者ほど、クルマに乗ると人格が変わるなどと良く言われます。
盾に囲まれ、武器を運転する事によって気が大きくなるのでしょう。
「自分は路上最強なんだから、歩ってる奴や2輪ぽっちの奴ぁ、どけどけ〜い」
などと思いながら運転している人も多いのではないでしょうか?

歩行者&自転車乗りであり続ける私にしてみれば、世の中の交通事故は飲酒の有無に係わらず全て危険運転致死傷罪が適用可能で良いと思います。
酔っていなくても心根の弱さの裏返しで危険な運転を繰り返すドライバーは山ほどいます。
極端に言えば、自動車を所有した時点で凶器準備集合罪くらいに問われても構わないと思います。

アメリカでの実験では、運転中の携帯電話使用による事故が酔っ払い運転による事故を数倍上回って起こりやすいといいます。

まあ、日本の自動車産業は国の基幹産業なので、「自動車=悪」という論調を招くような報道は出来ないのは分かります。
「酒=悪」も、禁酒法下のアメリカで密造組織が暗躍した過去などからして、あり得ない事でしょう。

もちろん飲酒運転はしてはならない事です。
ですが、マスコミには飲酒のみを責めるのでは無く、それ以外の危険運転もしっかり取り上げ、自動車社会そのものへ警鐘を鳴らすくらいの事はして欲しいものです。

生活道路の辻々に「眠るお巡りさん」(減速用凸凹)が設置される事を切に願います。


自動車が減れば、二酸化炭素のみならず、車体を捨てる時のゴミをはじめ、各種公害物質の排出も減って良い事ばかりだしね〜。


↓ご参考に〜
危険運転致死傷罪の総合的研究
危険運転致死傷罪の捜査要領
危険なドライバー
交通安全と街づくり
小説交通戦争

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>世の中の交通事故は飲酒の有無に係わらず全て危険運転致死罪が適用可能で良いと思います。

あなたが自転車で起こした事故も危険運転致死罪が適用されますがいいですか?
単に「自動車=悪」という論調を展開したいだけでは?
マスコミはあなたほどは思い上がってはいませんよ。
通りすがり
2006/09/14 15:17
やっかいなコメントありがとうございます。

自転車も当然凶器です。
「適用可能で良い」と言ったのです。
ひげメガネ
URL
2006/09/14 15:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
流行る飲酒運転ニュース、思い上がるマスコミ ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる