ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 国旗国歌、都教委の強制は違憲。

<<   作成日時 : 2006/09/21 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

『<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決』
 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がないことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。
 都教委は03年10月23日、都立学校の各校長に「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について(通達)」という文書を通達。国旗に向かって起立▽国歌斉唱▽その際のピアノ伴奏▽こうした職務命令に従わない場合に服務上の責任を問われることを教職員に周知――との内容で、これに従わず懲戒処分を受けた教職員らが提訴していた。
 判決では、「国旗掲揚、国歌斉唱に反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。起立や斉唱の義務を課すことは思想・良心の自由を侵害する」と判断。
 さらに、「通達や都教委の一連の指導は、教職員に対し、一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法」と指摘した。
(毎日新聞) - 9月21日16時27分更新


あったりめぇだー!

主義思想というのは公権力によって強制される事では無い!

こんな強制は、戦後憲法下の日本で許される訳が無い!と思っていました。

この判決をきっかけに、昨今日本の戦時中へ後戻りの行き過ぎた右傾化傾向が緩和される事を強く望みます。



まあ、体制に(大勢に?)従う事は疲れなくて楽な生き方なんだけどね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国旗掲揚時の起立強制に違憲判決
私は妥当な判決だったと思います。 ...続きを見る
今日のトピックス
2006/09/21 21:42
日の丸に違憲
遊ぶ自由 ...続きを見る
あさひ素材 社長ブログ
2006/09/22 08:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この判決の起こす波紋は相当なもんだろうなあと思って今日の動向を待ちました。案の定都知事は「当然控訴」を言うし、都教育委員会も当然控訴するでしょう。この「当然」がスンナリ「当然」になるのが「時代」なんでしょう。裁判の判決そのものは妥当だと思いますが、それを許さない時代の空気があります。知事は東京の都立高校のどこを視察されたのでしょうか。最近の高校は荒れているんでしょうか?状況がわからないのが残念です。
50代オヤジ
URL
2006/09/22 22:45
教育現場が荒れている事に対する対処として適正だとは思えません。
戦後の反戦平和教育をみっちりと仕込まれた私としては、戦中の「アカ狩り」に近いような気がして、到底馴染めません。
ひげメガネ
URL
2006/09/27 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国旗国歌、都教委の強制は違憲。 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる