ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS “ハンカチ王子”斎藤投手はプロ失格!

<<   作成日時 : 2006/09/05 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

さてアメリカでの試合を終えた“ハンカチ王子”こと、早稲田実業の斎藤佑樹投手。
アメリカ滞在中は結局、ハンカチの使用は無しでした。

今年の夏の甲子園大会では、決勝戦再試合という球史に残る名試合の主役となり、ユニフォームのポケットから出して使用していた青いハンカチタオルはマスコミによって無理矢理社会現象であるかのように伝えられました。
プロ野球の人気が地に堕ちた今、彼のような存在が猛烈に取り沙汰されるのは分からないでもありません。(ちょっぴり亀田三兄弟に境遇が似ているかも・・)

当然、自分が“ハンカチ王子”として注目されている事は知っているでしょう。
18歳の彼は、「暑くなかったから」などと言っていますが、実際のところは「恥ずかしかった」からのように思われます。

非常に集中力の持続が必要とされる投手というポジションで試合をしているからには、余計な精神的動揺も抑えたかったのかも知れません。
だけど、試合終了後も使わないという辺りからして、「照れ」や「内気」などという要因が充分考えられます。

今、彼はプロ入りするのか、早稲田大学に進学するのか注目されています。

プロ野球選手になるとすれば、実力はもちろん、世間の騒ぎをものともしない精神力も必要になるでしょう。
なによりファンサービス精神が重要です。

そういう観点で言えば、今回あれだけ注目されているハンカチを使用しなかった事はプロに要求される実力の不足であり、ファンサービス精神の欠如に他なりません。

投手に多分に要求される「目立とう精神」や「強心臓」な部分は微塵も感じられません。

よって、彼はまだプロ入りは無理だと判断するに至りました。

甲子園で注目されて、即プロ入りしたものの芽が出ずに消えていった投手は過去にも山ほど居ます。

ここは大学野球で、じっくりと体作りと精神力作りを行った上でプロに行くかどうか決めたほうが良いと思います。


余談:
私は“尻フェチ”なので、高校野球などを見ていても好むと好まざるに関わらず、尻の形に注目してしまうのですが(決して男好きでは無い!)、斎藤君の尻はまだまだ開発途上に見えました。
決勝の相手投手となった田中投手の方が明らかに即戦力になる完成形に近い尻をしているように感じました。


↓高すぎっ!↓
早稲田実業 斎藤投手 ハンカチ王子「GIUSEPPE FRASSON」ハンカチ早稲田実業 斎藤投手 ハンカチ王子「GIUSEPPE FRASSON」ハンカチ

↓格安!?↓
ハンカチ王子の幸運を呼ぶブルータオルハンカチ:30枚2700円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
斎藤投手に群がる「余計なお世話」
甲子園で優勝した早稲田実業の斎藤佑樹投手が 高校野球ファンはもちろん、それ以外の人にも人気が出て 連日マスコミやにわかファンが「ハンカチ王子」「佑ちゃん」 などとやたら騒ぎ立てていた。 ネット上ではマスコミが煽りたてることによりその反発心から アンチも増えて来たりして、こういった状況がいつになったら納まるのか、 本人がいちばん迷惑しているんじゃないかなどと考えるようになった。 ...続きを見る
ニュース表裏一体
2006/09/07 23:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“ハンカチ王子”斎藤投手はプロ失格! ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる