ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 公団住宅の施工不良の実態

<<   作成日時 : 2006/12/04 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

最近事件が風化して忘れ去られつつある耐震偽装問題の話題です。
都市再生機構(旧公団)が工事上の瑕疵と不適切な設計で処分を受けました。

まずは先月末に国土交通省のホームページに掲載された文書です。
平成18年11月29日
住宅局総務課
民間事業支援調整室

独立行政法人都市再生機構理事長に対する措置
 都市再生機構(旧公団)が平成元年度から平成4年度に分譲した地区の住宅の一部において、工事上の瑕疵に加え、設計に関して不適切な事案があったことが判明した。
 当該分譲住宅については、コンクリートやモルタルの充填不足等構造上あるいは生活上重大な影響を及ぼす施工不良があった住宅を供給したことで、平成15年6月に、国土交通大臣から「文書厳重注意」を受けたところである。
 その後、保存を要する分譲住宅の構造計算書を紛失していたため、当該構造計算書を再作成したところであるが、今般、当初設計に瑕疵があったこと及び二度にわたって不適切 な構造計算書を再作成していたことが第三者(JSCA)の検証により明らかになったものである。このことにより、同機構の社会的信用の失墜を招いたことは誠に遺憾であるとして、国土交通大臣は、今後かかる事態が発生しないよう、また適切かつ早急な対応を行うなど、一層の努力を求め、都市再生機構の代表者である 理事長 小野 邦久に対し、「文書厳重注意」の措置を行った。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/07/071129_.html


そして、ニュース。
都市機構理事長に今年3度目の処分 欠陥マンションで
2006年11月29日20時00分

 独立行政法人・都市再生機構が旧公団時代の89〜92年度に分譲した東京都八王子市の欠陥マンション問題で、同機構が構造計算書を紛失した2棟に設計ミスと2度にわたる再計算の誤りがあったとして、冬柴国土交通相は29日、同機構の小野邦久理事長を文書による厳重注意処分とした。
 小野理事長への文書厳重注意処分は、大阪府和泉市の造成地での不法投棄事件(2月)と分譲マンションの構造計算書の大量紛失(5月)に続き、今年3度目。
 同機構は同日、再発防止策として、新築の全物件に対する第三者チェックや構造計算チェックリストを新たに導入することを明らかにした。
 今回の問題で、同機構は小野理事長を給与10%の辞退2カ月、技術管理担当理事を文書厳重注意と同辞退2カ月とするなど計10人を処分した。
http://www.asahi.com/national/update/1129/TKY200611290338.html


そして、私がこのブログでちょうど1年前に書いた記事です。
【計算書偽造以前の問題『手抜き工事』の実態】

勘の良い人は、もうお分かりの事と思いますが、上の記事で紹介した「最悪の手抜き工事」が行われていた現場は、UR都市再生機構(旧公団)の集合住宅建設現場なのです。

時期は2002年〜2003年くらい。その翌年か翌々年に入居が開始された住宅という事になります。
今回の件は89〜92年度という事ですが、つい数年前も全く同様な施工不良があったのです。

私が関わった公団住宅は2件。
共に東京都内で、最寄り駅の頭文字はKとM。

Kの方はセメントの凝固防止剤か流動剤かの薬剤を限界投与量の2〜3倍以上余裕で加えていました。
冬場でしたが、それを一晩かけてジェットヒーターで強制乾燥させて(「反応させて」では無い)、翌日には型枠を解体するという猛烈な突貫工事です。
翌日のコンクリートは正に「砂の城」。もうボロボロで、手で掘れるくらいでした・・・。
その他、なんらかのミスでバルコニーの手摺り壁を丸ごと壊して作り直すなんて事もありました。
加水して文字通り水増しされたコンクリートの事を「シャブコン」と言いますが、この件ではシャブコンなんか屁でも無いような信じられない状態のコンクリートでした。
「フ○ー○西K○」の6号棟です。同時に2号棟と7号棟も作っていたと記憶しているのですが、全く同様です。


Mの方は「都市機構M○台団地」。
散々地図を見たんですが、近年急速に建替えたためか、道路なども変わっていて、何号棟かの特定が出来ませんでした・・・。
こちらは、セメントに少々水を混ぜ過ぎな以外は特別ひどい施工の現行犯を目撃した事は無かったのですが、現場内の噂で「基礎に人が通れる位のサイズのジャンカがある」と聞きました。
(ジャンカとは、セメントを型枠に流し込む時に、セメントが入らず空洞になった部分の事を言います。人が通れると言っても実際には鉄筋が組まれていて通れません。)
後で、そのジャンカを埋めた跡を見る機会がありましたが、数畳分の広さが左官屋さんによって塗られて補修されていました・・・。
当然、正常なコンクリートに比べると強度は落ちる事でしょう。

多少の地震で即座に潰れる事も無いとは思いますが、外壁にひび割れでも入って拡がってはいないかと不安でなりません。

民間デベロッパーの現場にも多数行きましたが、こんなにひどいのは公団だけでした。
建設会社にとっては、公団の仕事と言うのは民間より受注価格が高くいわゆる「おいしい仕事」といいます。
それと同時に「ちょろい仕事」「楽な仕事」なのでしょうか?
民間の現場に比べて資材の無駄遣いが目立っていたようにも思われます。
なんか他の民間の現場に比べて現場監督や所長が頼りないというか・・・、素人同然というか・・・。
K現場の方の監督は、常にコンクリートの事で悩んでいました。
そして肝心の生コンクリート打設の担当監督は若い新人。現場の猛者たちにいいようにアゴで使われていました。
多少予算をオーバーしても赤字にならない現場だから、多少の失敗も許され、若手監督の修行の場になるという実状になるような気もします。

まあ、倒産が決まった建設会社の現場の方がもっと悲惨でしたが・・・

ひょっとしたら公共建築物全てに言えるかも知れません。どこぞの汚水処理場も惨憺たる状態でした・・・。

もっと根本的に都市再生機構のあり方を変えないと・・・
公団側や第三者によるチェックを強くしたぐらいでは、状況は変わらないような気がします。

「鉄筋コンクリート造りのマンションには住まない。いや、住むもんか。」
が、それらの経験を通しての私の結論です。


だけど、リフォームして住もうとしている妻の実家は築30年の鉄コン筋クリート造り〜♪
るるらるら〜♪


経堂 三鷹台 フレール西経堂 都市機構三鷹台団地

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【欠陥住宅】欠陥の見抜き方6:現地調査と内部検査報告書
現地調査をしよう! チェックのポイント 従業員 従業員の働き具合など確認できます。しっかり働いていたら安心ですよね。 地盤 土を掘り起こしてあれば、地下水などもチェック。大量に汲み上げているようであれば、地盤が弱い可能性があります。 近隣の大きな建物でひび割れ、道路との不自然な段差などがないかチェックしましょう。もしあれば地盤に問題があるかもしれません。 ...続きを見る
マンション査定・売却・購入ガイドブック
2007/02/01 12:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
公団住宅の施工不良の実態 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる