ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【テロ成功】海外便で機内液体持込規制。

<<   作成日時 : 2007/02/27 18:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

3月1日より、海外旅行に行く際には注意が必要になります。

液体持ち込み制限開始へ=国際線機内、少量ならOK

 日本発の全国際線旅客機内への液体類の持ち込み制限が3月1日から実施されるのを前に、成田空港で27日、周知徹底を図るためのトライアルが行われた。100ミリリットル以下に小分けすれば持ち込み可能だが、制限を超えるとごみ箱行きとなるため、航空会社などが旅行客に注意を呼び掛けた。
 飲料のほか、化粧品類、ハンドクリームや練り歯磨きなども規制対象。機内に持ち込むには100ミリリットル以下の容器に入れ、容量1リットル以下の透明プラスチック製袋に収めて手荷物検査で提示する必要がある。医薬品やベビーミルクなどは適用除外で、預け入れ荷物には規制はない。
2007/02/27-12:15 時事通信


日本国内の国際空港では、当面条件を満たした透明プラスチック製袋(ビニール袋)は250円程度で売店で売られるようになるとフジテレビで言っていました。
いち早くこの規制を行っているイギリスでは無料で配布されていると言います。

手荷物検査後に空港内の免税店などで購入した酒類、化粧品、飲料などは機内持ち込み可能ですが、行き先で乗り継ぎ等がある場合は注意が必要だそうです。

なぜこのような厳しい制限が加えられるかと言えば、
昨年2006年8月にイギリスで起きたテロ未遂事件が発端です。

前の記事(【英テロ未遂は結果大成功】2006/08/14)で述べたとおり、この事件はテログループが計画をしただけで実際に実行される事がなかったにも関わらず、大変厳しい後手後手の対策が取られてきました。
液体爆弾を使用して航空機爆破テロを画策した犯人グループは逮捕されましたが、その後航空業界に及ぼした(/及ぼすであろう)影響を考えると、このテロは結果成功だったと言えるでしょう。

これまでチェックしてきた金属や固体爆弾に加えて液体爆弾以外のテロはあり得ないのでしょうか?
そもそも日本国内の国際空港は固形爆弾のチェックってしてたの??

今後もこのような世論操作テロとでも呼べるような手法のテロが増加するような事になるのでしょうか?
どこぞの世界警察を標榜する国家がテロリスト増産体制を止めない限り、テロ行為は増え続ける事でしょう。

世の中は少なくとも平和の方向に向かってはいません。
残念なことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
液体とか三角枕とか、、、
去年の英国航空機爆破テロ未遂摘発事件を受けて、ICAOがようやくガイドラインをまとめたようで、この3月から国際線航空機内への液体物持込規制がやや統一化されたみたいです。 ...続きを見る
★ばびフォトNEWS★ 〜fromバリ島...
2007/03/07 01:23
テロ
テロが起きたなテロにしろその他の犯罪にしろ、いろいろ事情はある多少は加害者に同情できるものもあれば馬鹿馬鹿しいものまでいろいろ長崎市長の殺害の件で、加藤紘一が偉そうになんか語ってるのがわたしは気に食わない わたしはテロの中でも加藤紘一に対するテロや日経に対して火炎瓶投げたなんていうテロに関してはむしろ喜んでる人間だがテロは一切許すべからず、なんて本気で思ってる奴がいるとしたら、俺はそいつの方が怖いイスラム教徒の自爆テロ、東トルキスタンやチェチェンの抵抗はわたしは善だと思うし ... ...続きを見る
右派社民党公式ブログ
2007/04/19 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【テロ成功】海外便で機内液体持込規制。 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる