ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 嗚呼、もう無政府でいいや!

<<   作成日時 : 2008/01/29 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本格的に子育て主夫となり、大忙しで更新どころじゃなかった今日この頃。
あまりにも呆れた事態が国会で起こっているので怒りのキーを叩く。

なにに呆れているかといえば、「ガソリン税の暫定税率」の期限切れを巡る攻防の中で浮上し、本日国会提出が確定したと伝えられる「つなぎ法案」の事。

昨年の参院選の歴史的敗退で全く後が無い自民党。
さっさと解散総選挙をしちゃえば傷は浅かった。
ずるずると解散を先延ばしにして、1月の国会が始まるにあたって脚光を浴びた「ガソリン暫定税率」。

自民党は暫定税率の延長を唱え、民主党は撤廃してガソリンの価格を下げるという・・。
もう、一庶民の感覚としては、その時点で既に自民党の負け戦は確定。

利権とか族議員とか天下りとか国民には充分「醜いもの」として認識されてきた後ろ盾以外に暫定税率を擁護するものが無い。
開かずの踏み切りにしても通学路の整備にしても受益者負担という観点からは公平じゃ無いことは明確であり、しかも道路特定財源の用途全体における割合は微々たる物。

誰だったかは「ガソリン税が高いほうが環境に優しい」などとたわけた事を言う。
だったら道路特定から環境特定財源に変えなければ納得が行かない。

誰だったか国土交通大臣は、「自動車は時速60キロで走った時が最も二酸化炭素を排出しない(だから道路整備は続けるべきだ)」と言ってのけやがった。
バ〜カ!自動車が最も二酸化炭素を排出しないのは使ってない時だ。
いまどき幼稚園児でも見破れる嘘を吐くんじゃない冬柴。
自動車を作ることさえしなければ環境に優しいことマックスじゃ。

政府与党の醜さはもはや針が振り切れる勢い。
ムーディー福田がどんなに右から来たものをただ左に受け流そうとも、ただ黙って見ていようとも、もう防ぎきれない。

そんなところに来て1月も終わりに差し掛かって浮上した話が「つなぎ法案」。
国会の議論を経ずに立法できるという禁じ手の議員立法で提出。
野球で言えば9回の裏で負けているから、あと2回増やすといった感じの乱暴なルール変更。
正確に呼べば「国民生活等の混乱を回避し、予算の円滑な執行等に資する法律」という非常に長い上に国民の機嫌を伺うかのような卑怯極まりない名称。

一応、無党派だった私の中から自民党という選択肢が確実に消えました。
どんな強力なデータ復旧作業を試みても戻ることは無いでしょう。

かといって民主党はといえば、もともと烏合の衆の上に最近上層部が頼りない。
他の野党は頼りない事この上ないし、共産党がある程度野党として躍進するのは歓迎だけど、与党になられたらなられたで恐ろしい。
新政策集団「せんたく」は果たしてどうか・・・?

もう無政府主義でも無政府資本主義でもどっちでもいいから政府は無い方が良いんじゃ無いかと言う考えが鎌首をもたげかけている。

防衛省の汚職が騒がれた時にふと「もう民営化しちゃえば良いんじゃね」と一瞬思い、やがて一人かぶりを振ってみた事があったけど、あながち不可能な事では無いと思える今日この頃。

後記:
思えば小泉旋風の頃のような異常な自民躍進の頃には書けなかった文章だなぁ〜。
自民党の衰退が明らかになったので将来弾圧される心配が無くなったという事で、思いの丈をぶちまけてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嗚呼、もう無政府でいいや! ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる