ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 相次ぐ値上げでヒーヒー言う専業主夫

<<   作成日時 : 2008/02/20 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原油価格も100ドルをついに突破したそうで・・・
小麦価格の30%値上げやら、鉄鉱石価格の65%値上げやら、もう上がらないのは株価だけ。

生活面でも多大な影響が早くも出始めています。
加工食料品は総じて値上げ。
中国産食料品や冷凍食品の追い出しムードが追い討ちをかけて更に価格は上がり続けそうです。
ありとあらゆる中国産食品が中国の港で検疫待ちでストップしているそうで、よく行くスーパーの品揃えは北朝鮮か旧ソ連か!っていうくらい閑散としていました。

スーパーのチラシを見た直感としては、影響をモロに受ける小麦製品や砂糖などは30%程度は値上がりしています。
贅沢品を徐々に減らさなければいけない状況に追い込まれつつあります。
愛媛県内の銭湯の料金も30円も値上げして360円に・・。

宇和島では、この地産地消が叫ばれる中、養殖ハマチをアメリカに輸出し始めたそうで。
国内より高く買ってくれるっていうんだからしょうがない。

小麦の値上げはオーストラリアの旱魃の影響が主原因と言われますが、国際的エコ詐欺によるバイオエタノールの原料となるとうもろこしの生産にシフトしている現状も無視できないでしょう。

チーズは中国でのブームが原因で品薄になり、海外産の魚介類や魚肉練り製品は狂牛病の影響で欧米での需要の高まりで日本に入って来なくなる。

他方、小豆は豊作だそうで、相場が値下がりしていると言います。
米も不作にならない限り、さしあたってそんなに値上がりしないでしょう。
でも原油価格高騰によって輸送コストは増しているので、遠くで採れたもの程値上がりそう・・

つまり、麺類やケーキ類が値上がりする中でも和菓子はしばらく安泰だという事です。
でも、他の値上がりした食品から和菓子に需要がシフトする事による値上がりの可能性は十分あります。

小麦やトウモロコシ、大豆などの値上がりも世界的なものなので、欧米で米が流行り初めたりしたら、日本農業最後の砦の米までもが大変な事になるかもしれない。

鶏肉や卵なども鳥インフルエンザの影響で激減する可能性はかなり。

さて、国内の自給率も40%を割ったなんて言われている中、売れ残りや残飯として処分される食料は国内生産量と同額なんだそうな。

つまり日本国内で消費される食料の40%は国産で、40%が食べられずに捨てられてます。(まあ、一部は飼料やら肥料やらに有効活用もされているのでしょうが・・)

そこで40%輸入量を減らして、捨てることなく全部食え!って言いたいところだけど、それじゃあ選択の自由も狭まって戦時中の配給制みたいになってしまう・・・。

でも世界全体で食料が足りてるのかって考えたら、いい加減先進諸国の人間も遠慮し始めないといけない時期なのかも知れない・・。

もし、そんな状況になったとしても、とりあえずは、地元で採れた野菜と魚で米の飯を食べてればしのげそう。

まあ、どんなに食料を増産したところで、あと数十年という短いスパンで世界人類に食料が行き渡らなくなっちゃう日は来ちゃうんだから、その時はどうあがいても無駄だしょう。
もう、遺伝子組み換えは当然になるだろうし、残留農薬の基準も甘くなって行きそう・・。
蔵でも建てて大量の食料を備蓄したところで、打ち壊しに会って身もろとも食われちゃうのがオチ。

生まれたばかりの赤ちゃんの事もあるし、今年も家庭菜園での無農薬栽培に力を入れようかな〜っと。
(散乱妄想ごめん)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相次ぐ値上げでヒーヒー言う専業主夫 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる