ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【松山市永木交差点】年度末恒例道路工事に異変!?

<<   作成日時 : 2008/03/04 13:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

今回は、いたってローカルな近所の話題ですが、最近話題の道路特定財源の無駄遣いなどに興味のある方にはゼヒ読んでいただきたい内容となっております。
舞台は四国愛媛県は松山市、国道11号線の市街地突入の要所、永木交差点です。

まずは、昨年、2007年末に【永木交差点改良『工事開始』のお知らせ】なる紙切れが交差点近隣の各住居に配られます。

工事の目的は「永木交差点での混雑解消緩和」。
永木交差点というのは石手川に架かる永木橋という橋から市街寄りに降りた所にあります。

「中の川通り」という真ん中に小川の流れる通りの「中の川」を一部埋め立てて市街から郊外への右折車線を増やすのが大きな変更点です。
素人考えでは、右折車線の分だけ川の埋め立て工事をちょっとして白線を引けば完成じゃん。と思いますが、そこは年度末恒例予算消化目的道路工事。

五叉路の交差点一帯の車道舗装に加えて、一部歩道の縁石の取替えと舗装まで・・・。
配られた工事計画図を見ると、舗装し直す車道部分だけで5,531.29平方メートル
ご、五千五百平米です。

必要最低限の工事の50倍もの無駄な工事(面積比)をしているように素人目には見えます。
特に国道下の地下道に通じる歩道など、ちっとも老朽化していない(っていうか通行量ほとんど0)にも関わらず、完全に作り直し・・・。
さすが、年度末恒例予算消化目的道路工事!おそるべし。

なのに老朽化や地下水の染み出しが甚だしい、この交差点の下を通る地下道は全く手付かずです・・・。

いまや、国会でも道路特定財源の無駄遣いが取り沙汰される中、こんな市街地内の交差点に車線を1本追加するだけで余計に拒否を投じるような工事よりもっと必要とされる道路工事が市内にいくらでもあるだろうに・・・。
費用は66,500,000円(6千6百50万円)、落札率は95%。(※巻末資料を参照)

工事の発注者は国土交通省松山河川国道事務所。
配布のお知らせには連絡先電話番号など載せないという念の入れようです。
苦情は全て請負い業者である西條道路舗装が受ける形です。
はっきり言って、苦情を言いたくても言いづらいったらありゃしません。

予定施工期間は平成20年1月7日〜平成20年3月7日。

昼間、夜間と我が家も騒音に取り囲まれながら工事は着々と進みます。
深夜にうなりを上げるロードカッター(路面切削機)、ダンプカーのクラクションにハンマードリルの豪快な響き・・・。

多少の作業予定期間の前後や、計画に記されていない部分にまで工事が及ぶなどのトラブルがあったものの、予定より早い2月末で終了。
どうせ、3月いっぱいまでかかるんじゃ無いか、と思っていた矢先の事です。

意外に早く終わったなぁ〜
などと、何も考えず最初は思っていました。

そして、昨日3月3日にテレビ愛媛の夕方の『一番出し!EBCスーパーニュース』という番組で、この交差点の工事が取り上げられていました。
見慣れた住田洋アナウンサーが近所の見慣れた場所に立ってのリポート。

なんでも、河川国道事務所がアンケートだったかパブリックコメントだったかで、道路工事に対する意見を募集したところ、最も多かった苦情が「年度末になると、あっちこっち道路を掘り返す。」というものだったそうで・・。
その意見を尊重した結果、例年3月31日までかけてやってた年度末恒例道路工事を年度末ではない2月末までに終わらしたという話・・・。

・・・・
・・・・・・
目が点になりました・・・。

なんという発想の転換でありましょう。
庶民にその発想はありませんでした。

年度末に集中する道路工事への苦情を解決するには年度末じゃない時期に集中させれば良い!

コペルニクス的転回、コロンブスの卵、パラダイム転換・・・、
殿様感覚、華麗なるおじゃるおじゃれの世界、裸の王様。

どんなに賞賛しようとも、どんなに美辞麗句を並べようとも、感服するばかり!!
この発想は全くありませんでした。完敗です。参りました。

松山河川国道事務所の、この工事を紹介したページもあまりのハイセンスに輝いて見えます。
(残念ながら、いつの間にか、この秀逸だったページは削除されちゃってたようです・・・。20081010)

だけど、依然この工事の無駄遣い感は拭えてません。
この調子で、「無駄使いが多い」という苦情に対する名案も一刻も早くお披露目して欲しいものです。
きっと我々凡人には思いも巡らない素晴らしいアイディアがある事でしょう。

今回の素晴らしすぎる発想の転換は我が家のお茶の間を明るい笑顔に満ちさせるに十分すぎました。
今後も思い出すたびに、明るい笑顔がこぼれそうです。

本当に素晴らしい発想の源をお持ちの河川国道事務所が一気にとても気になる存在になりました。
これからも、明るい笑顔あふれる社会構築のために頑張ってください。

頑張れ、河川国道事務所! 行け行け国土交通省松山河川国道事務所!
道路特定財源の行く末はあなたたちの双肩にかかっています。


ご参考に↓
渋滞緩和の知恵袋  「交通渋滞」徹底解剖  平面交差の計画と設計(応用編 2007)  交差点改良のキーポイント  クルマの税は高すぎる  公共投資と道路政策  市民のための道路学  地方公共事業の土木工事施工計画書の作り方と実例  はたらくじどうしゃ(1)  新・道路工事の積算  人間交差点(1-27巻 全巻)

※資料
永木交差点改良工事
予定価格    69,970,000
調査基準価格 52,610,000
落札価格    66,500,000 落札率95%

入札結果のページxls
入札公告のページ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『第1回松山自転車ワークショップ』って?
なんか10月31日に『第1回松山自転車ワークショップ』などというものが行われたそうです。 主催は、『国土交通省四国地方整備局 松山河川国道事務所』。 事前に募集された、「市内の自転車愛好家ら約30人が市内中心部を実際に走行して自転車マップを作成した。」そうです。 ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2010/11/01 11:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【松山市永木交差点】年度末恒例道路工事に異変!? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる