ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【赤紙!?】特定健康診査(メタボ健診)受診票が届く

<<   作成日時 : 2008/06/05 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

4月から始まった特定健康診査、いわゆるメタボ健診の受診券が届きました。
このブログのタイトルの通り、私はダメ主夫。いわゆる家事従事者。妻の被扶養者として健康保険に加入しています。
そして今年3月に晴れて40歳・・・。
メタボ検診制度が始まると同時に、40歳以上75歳未満の対象年齢に見事に突入です。

さて、この妻の職場の保健組合から届いた封書。
『被扶養者の特定健康診査に係る「受診券」送付について』、『受診券』、『特定健康診査・特定保健指導実施機関一覧表』、『特定健康診査の受診の流れ』、『対象外報告書』などが入っています。

対象外となるのは・・・、
1.妊産婦
2.刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されている者
3.国内に住所の無い者
4.病院等に6月以上継続して入院している者
5.各種やっかい者収容施設への入所者

と、なっています。(一部意訳)

ひょっとしたら、家事専従という事で、2番か5番に該当しないものかと一瞬思いましたが、どうにも対象外では無いそうです・・・。

実は、私は昨年(2007年)の10月に人間ドックのついでに、一足早く始まっていたメタボ健診を受けてみました。
 (詳しくは、【メタボ健診を受けてみた。】に書いてあ〜る。)

当時の体重は83キロ前後、腹回りは93センチ・・・。
でもCT検査による内臓脂肪面積(断面)がメタボの基準に満たず、結果はメタボではありませんでした。

その時のメタボの基準は、今言われているウエスト85センチ以上などと異なり、「内臓脂肪の面積が100平方センチを超えるもの」というものでした。
内臓脂肪の面積は98平方センチ・・・。
けっこうギリギリでした。

そして今。
11月に生まれた娘も6ヶ月。
子育ての忙しさのあまり、ちょいと外に出掛ける気力も失われ気味・・・、
ちょいといい運動だった、庭仕事などする余裕も無くなり・・・、
妻は授乳のため食べる量が増加し、なんとなく私も付き合い気味・・・。

そして今や・・・、
なんと、体重は89キロ!

ちなみに、娘は生まれた時は約3キロ。そして生後6ヶ月の現在は約6キロ・・・。

生まれたての赤ちゃんの体重増加の倍のペースで太ってしまいました・・・。

こりゃ、どんな基準に照らし合わせてもメタボリック・シンドローム間違いなし!

・・・(ここから、少々重い話です・・・。)
加えて、私には多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)という先天性の持病があります。
腎臓や肝臓に「嚢胞」と言われる泡のようなものが無数にできて原型を留めないほど膨らみます。
当然、お腹も膨らみます。
腎機能低下の影響で血圧も高いです・・・。

現在言われているメタボの基準および対象外となる規定に照らし合わせても、
間違いなくメタボです!

受診の期限は2008年12月31日。
実質は、仕事納めの12月28日までという事になりましょうか。

今までの自分だったら、「ありのままの自分で勝負!」とばかり、何ら気にせず受診していた事だったでしょう。
今週中にでも行って、さっさと面倒な事は済ませていた事でしょう。

でも事情は変わりました。

このまま、のこのこと受診してメタボと判定されて6ヶ月の積極的支援の特定保健指導なんかされちゃった日にゃあ・・・。
幼い娘を連れて何度も病院に通わなければならなくなってしまいます。
(ある意味、このブログのネタになりそうですが・・・)

下手に指導の効果が上がらなかったりしたら、健康保険料が値上がりするらしいし・・。
氏名は公表され、世間からは後ろ指をさされ、酔っ払いにはからまれ、街を歩けなくなり・・・

被扶養者資格を取り消されるかもしれない・・・。
そうなったらちょっとした病気しても病院なんかに行けなくなってしまう。
ただですら持病で、将来に渡って人工透析になる可能性が50%と、非常に高いというのに・・・。

私の今後の人生はいったいどうなってしまうのだろう。
娘はどうなってしまうのだろう・・・。

もし鬱病にでもなったら、娘もろとも(200×5)の風になってしまいそう・・・。

しかも、制度が始まったばかりの中、中小の医療機関がきっちりと対応してくれるとも思えません。
今まで、このブログで書いた記事も記事(巻末参照)だし・・・。思いっきり喧嘩しちゃいそうな予感もします・・。

こりゃ何が何でもダイエットしなくては・・・。
でも、体を動かそうと、ちょっとした運動をするとメシが美味いんだな、これが・・。
どうせ人工透析になる身だったら、可能な限り健康なうちは美味いもの食って生きたいし・・・。

普段、深刻に悩む事なんて無い、ぬるま湯のような人生を送ってきた私にとって、人生最大の試練となりそうな予感です・・・。


↓当ブログでの関連記事↓
【メタボ健診を受けてみた。】2008/03/13
【メタボ健診で自殺者相次ぐ!】2011/04/01 ←(なぜか未来・・・)


↓こうなったら、理論核武装だ!↓
メタボより怖い「メチャド」ってな〜に? ―メチャ・ド・リスク―
メタボで何が悪い! ―男のための「ぐうたら」健康術―
メタボの罠 ―「病人」にされる健康な人々―
メタボの暴走 ―「強制」健診のあとに地獄のクスリ漬け―
〈ちょいメタ〉のほうが長生き?
メタボ対策のからくり ―特定健診・特定保健指導を徹底分析―

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メタボ健診
今年からメタボ健診が開始され、さすがに180cm以上も背があるのに、腹回りが85cm以下であるわけがない。体重は、もう20年ぐらい変わらないし、85cm以下なんて、学生か、独身のときぐらいか。この身長で、その85cm以下にするならば、体重をもっと減らさないと無理だと思う。腹回りがすべてじゃないが、それ以外の数値は、微妙に範囲を超え(0点いくつか外れている)、それが原因で看護師に呼び出されてしまった。 何でもメタボだと看護師から指導を受けるらしい。少し悔しい〜。 呼び出されて、まずは、”... ...続きを見る
気ままな毎日
2008/12/23 13:04
WHOがメタボ新基準(男性は変化なし)
2008年4月から開始されたメタボ健診。 男性85センチ以上、女性90センチ以上という、日本独自の無茶苦茶な基準にWHO(世界保健機関)が一石を投じる話題がありました。 ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2009/01/19 08:54
「メタボ腹囲 根拠なし」って、なにを今頃・・・
【「男85センチ女90センチ」メタボ腹囲 根拠なし】2010年2月9日 読売新聞  メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の適正な診断基準を検証していた厚生労働省研究班(主任研究者=門脇孝・東京大学教授)は9日、診断の必須項目の腹囲の数値によって、心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査の結果をまとめた。(冒頭のみ) ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2010/02/09 16:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【赤紙!?】特定健康診査(メタボ健診)受診票が届く ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる