ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 1万年以上前に急激な温暖化してた!?

<<   作成日時 : 2008/06/23 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

昨今、流行の地球温暖化説。
過去に例の無い気温の上昇が最近100年〜200年程度で起きているという事実が、人為的CO2排出原因説(人間活動起因説)の主な根拠となっていて、地球温暖化を防止するには二酸化炭素の排出を減らせば良いと言う方向で様々な対策が行われつつあります。
けど、その地球温暖化が人類に起因するという根拠となっていた、過去に前例が無いとされていた急激な温暖化が起きていたという研究結果が出ました。

温暖化、1万年以上前にも グリーンランドの氷を解析

 グリーンランドで1万年以上前、氷期から温暖な現在の間氷期へ移行している期間に2回の急激な温暖化が起きていたことが確認された。国立極地研究所(東京都板橋区)が参加する国際共同研究で、19日付米科学誌サイエンス電子版に発表する。低緯度で何らかの気候変動が起きて、大気循環が変化したためと見られる。同研究所の東久美子准教授は「北極は環境変動の影響を受けやすい。現在の気候変動を予測するカギとなる」という。
 日独仏米とデンマーク、アイスランド、スイス、スウェーデン、ベルギーの9カ国が、96年から03年にかけてグリーンランドの氷床を岩盤まで全長3085メートル掘削。氷床に含まれる酸素や水素の同位体などを解析したところ、約1万4700年前には3年間で約10度、約1万1700年前には約50年間で約10度という温度の上昇が確認された。
 氷の解析によって、グリーンランドに雪をもたらす水蒸気の発生海域が、より高緯度になったことも推測でき、当時、短期間に大気の循環が大きく変化したと考えられるという。(中山由美)
2008年6月20日19時51分asahi.com


今までも、寒冷化における急激な温度低下を示す研究結果はあったものの、今回のような有史以前の急激な温度上昇を示した研究結果は私的には初耳です。
(実はちっとも新しい話では無いようです・・。
参考→【記者のミスリーディング,受け手にとってのニュースバリュー】学者のたまごでした

研究内容の正確さはどの程度なんだろう?
そもそもどんな科学的知見に基づいて、そういった数値が出されたのか?
などの疑問はあるものの、なんでもかんでも人類が排出した二酸化炭素が犯人で地球温暖化が起きていると決め付けているにも関わらず、まるで二酸化炭素排出量を減らそうとしないばかりか、減らす名目でむしろ増やしているという矛盾の謎を解く手掛かりにならないかと期待してしまう研究結果だと思います。

1906から2005年までの100年間で地球の平均気温は0.74℃上昇したなんて言われていて、ほぼ間違いなく産業革命以来の急激な化石燃料の使用の急増によって温室効果ガスが排出された事が理由だとされています。
だとすれば、『1万4700年前には3年間で約10度、1万1700年前には50年間で約10度』もの上昇は何によってもたらされたのでしょうか?
まさか1万年以上前の人類が現在を上回る気温上昇を招くほどの温室効果ガス排出をした、なんていうSF的な話では無いでしょう。

既に解析が進んでいる南極での氷床コアの研究と照らし合わせて、地球全体ではどうなのか気になるところではありますが、北極圏での温度変化というものは、地球全体に比べてそんなに急激なものなんでしょうか・・・?
そういえば、ついこの前は、北極海の氷は2040年の夏には全て解けてしまうなんて言っていたと思ったら、全て解けるのは2013年などという話も出てきています。
今回の観測点のグリーンランドには、海流の影響や空気中のダストの降り積もりなどの何か他の地域と違う気温を急上昇させる要素があったのかも知れません・・・。

とにかく、私のように一向に実効的対策がされない点から地球温暖化二酸化炭素犯人説に疑問を持つ者からしてみれば、今回のニュースは、「ほら、やっぱり今の温暖化は自然現象だ。」、「二酸化炭素の排出削減なんて無駄無駄。」という事に短絡に結び付けてしまいがちです。

肝心な事は、このような過去の急激な温暖化のメカニズムが完全に解明されてはいないという事です。
過去に地球で起こった温暖化のメカニズムが分からないのに、何故これから先の温暖化が予想できるのでしょうか?

かつて反地球温暖化研究といえば、アメリカの石油メジャーのエクソン社が研究資金を援助していたと、まことしやかに噂されていました。
(ちなみに、最近アメリカが温暖化対策に重い腰を上げつつあるのは、太陽熱発電で世界一のシェアを持つ会社が猛烈にロビー活動を行ったからという話もあったりします・・・。)
でも今回の研究は温暖化が人類活動に起因するという証拠として度々扱われる南極氷床コアの観測でも知られる国立極地研究所も参加する研究内容です。
決して、地球温暖化に異を唱える事が目的で研究されたものでは無いはずです。

それにしても、このニュースの扱い、ネット上で見る限り非常に注目度が低いです。
地球温暖化という話もすっかり世の中に定着し、世の関心がそっちに向かなくなっているような気がします。
ちょっとした怖さを感じます。
『不都合な真実』は抹殺され、『都合の良い事実』だけが世の中にはびこっている現状が見えるような気がします。

同時に私のように素朴な疑問から地球温暖化人間活動起因説に疑問を持つものに対して、悪意を持った視線を向ける人も増えているように感じられます。
こんな『便所の落書き』レベルの適当ブログに対して、まるで権威や公を攻撃するかのように全力で牙を剥きます。
狂信的なまでに二酸化炭素犯人説を信じて疑わず、公序良俗に反するばかりか時には法に触れそうな表現で正義の名の下に多大な嫌がらせをする人がいます。
最近の学校教育現場で『温暖化の原因は二酸化炭素。』、『それ以上でも以下でもない。』と、かなり洗脳されているものと容易に推定されます。
『環境ファッショ』の傾向は、更にエスカレートする事でしょう。
こんな事を書いている私も処刑されるような日が来るかも・・・!?

ひとつの学説に過ぎない地球温暖化説という単なる予測が、先進諸国間で途上国を踏み台にして利益と自己満足の為だけに利用されています。
政府やマスコミや原子力推進派が何を行おうと、科学的真理は定まっていないという事を今回のニュースから感じ取る事が出来ました。
科学者自体は冷静に温暖化が本当に人間活動に起因するものなのかどうか検証すべく日夜努力しているものと信じたいです。

だけど、政治が支持しない研究しちゃうと研究費が支給されなくなる訳で・・・


↓以下、ご参考に↓
【地球温暖化、人為的CO2主因説に疑問   削減に一丸となって突き進んでいるが……】2008-06-21OhmyNews

環境危機をあおってはいけない
地球温暖化論への挑戦
温暖化は憂うべきことだろうか
CO2温暖化説は間違っている
暴走する「地球温暖化」論
北極と南極の100不思議

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ,「学者のたまごでした」へのトラックバック,ありがとうございました。
温暖化の議論については産経新聞に科学ライターの竹内薫さんが寄せたコラムが一般市民の見方,専門家の見方をうまく説明しているように思います。
【竹内薫の科学・時事放談】環境特番 “偽エコ”にだまされるな
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/080614/env0806140803000-n1.htm
モリキン
2008/06/23 23:10
モリキン様、コメントありがとうございます。
ご紹介のリンク、大変興味深く読ませて頂きました。
まさに最近思うようになった、「こんな効果の無い対策ばっかりじゃ疑いを持ってしまう。」という考え方を代弁してくれているように思います。
NHKの番組も軽く流し見しました。
なかなか初心者にも分かりやすく説明してるなあ、と感心していたものの、全く興味を示さない家族にチャンネルを変えられる事となり、世間一般の関心度の低さを痛感したものです・・・。
ひげメガネ
2008/06/24 09:35
素人の生齧りはいけません。懐疑論の時代は終わりました。
専門家の講演、研究発表を聞きましょう。マスコミのいい加減な情報は大分遅れていたり余りショッキングなデータは学者のほうが伏せています。研究機関と専門家の情報を綜合するとIPCCのデータも古いし控えめで甘い予想です。
私も参加している。専門ブログ『どうしたらできる?温暖化阻止』
http://onndannka.cocolog-nifty.com/blog/ 参考にして下さい。
地球物理屋と生物屋が管理しています。
もう後戻りは出来ないかもしてません。
滅びるかテクで生き延びるか議論しております。
生物学者の大部分は大絶滅に向かって暴走が始まっていると思っています。
懐疑論者と心中する気は皆さん無いと思いますが。
http://goemon05.at.w...
2008/07/12 02:29
なるほどな意見ありがとうございました。
衝撃的な報告ばかりで、温暖化と人間活動の因果関係を明らかにする誰にでも理解できる説明に未だ出会っておりません。
何故、一向にテクによる対策が脚光を浴びず、二酸化炭素削減だけなのか?
メタンは?フロンは?大気中の二酸化炭素は?気温は直接下げなくて良いのか?
今回の記事は多分に嫌味や皮肉を込めて書いたものですが、私の感覚は、ちょっと科学が好き程度の庶民の一般的な感覚だと思うのです。
ひげメガネ
2008/07/12 08:56
一般的には専門家ではない懐疑論の本が売れていますね。
マジな人にチャチャ入れるのは面白いですから。
嫌味や皮肉言ってる場合ではない無いかも知れません
確かにメカニズムは複雑です。
まだ動き出していませんか。解りやすい話をしましょう。今年の暮れから来年にかけて日米で環境監視専門衛星が上がります。
特に日本は世界の天然ガスパイプラインのメタンガスの漏れ監視用です。余りも複雑なネットワークなのでどれ位漏れている解らないにが現状です。恐ろしい事とです。メタンはCO2の25倍の温室効果ですから。
場所が特定できれば補修が出来ます。詳しい事はブログに載せます。
貴方のような関心ある方に見て頂こうと思います。
http://goemon05.at.w...
2008/07/12 11:36
私のような素人にはとても温暖化の原理なんて理解できないのかも知れません。
実際に政府レベル民間レベルで講じられる対策は何ら実効性を感じないものばかり。
世の中の懐疑論者の事は知りませんが、私はこの矛盾により、最近懐疑的にならざるを得なくなってしまいつつあります。
嫌味や皮肉を言うといった自由な人間活動まで批判され、挙句の果てに科学的予測に対して懐疑的立場を取る事も許されないと言うのならば、これはもう「環境ファッショ」であって科学では無いと思うのです。
私は今までも、これからも、一貫して現在の無意味な温暖化対策に疑問を呈しつつ、偽善や良心による到底実現不可能な対策ではなく、人間の本能、欲といったものに根差した実現可能な温暖化対策を模索し続けます。
並びに玄人である専門家の皆様にも、地球温暖化が何故人類起源と言う結論に至ったのか?何故50%削減でOKなのか?何故2℃程度の温暖化を受容するのか?などなど、啓蒙活動に力を入れて欲しいと望むものであります。
ひげメガネ
2008/07/14 09:02
お返事頂き有難う御座います。貴方の言われるとうりです。政府は経済政策優先です。CO2削減も科学者抜きだし、裏では原発ビジネスで盛り上がった様です。
以前温暖化関してホントかなと思いました。最初の言いだしっぺは原発立国フランスですから、きな臭いと思いました。日本のエネルギー白書も原発立国を目指しています。だから日本では再生可能エネルギーが伸びないのです。(ブログにも書いてますが)故に私は温暖化至上主義は避けるべきです。私も子供が4人います。それでホントなら大変だと思い勿論懐疑論も読みました。出来るだけ資料を集め友人学者と検討しました。今1番不確定なようそはエアロゾル。雲です。
日傘の役目をどれ位出来るか。今までの観測的事実から人為的な温暖化は間違いないようです。誤解されると困るのですが私もファショは嫌いです。ですから疑問があれば何時でも我々のブログにコメント下さい。それと50%と2℃の問題ブログに書こうと思います。
貴重なご意見有難う御座いました。
これからもご意見宜しくお願いします。
でわでわ次世代の為に頑張りましょう。
http://goemon05.at.w...
2008/07/19 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
1万年以上前に急激な温暖化してた!? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる