ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【事故米】カドミウム含有米も食用に流通している!?

<<   作成日時 : 2008/09/29 12:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

最近、輸入しているミニマムアクセス米(MA米)の中の事故米が食用に流通していた事で問題になっています。
輸入MA米以外のコメにも事故米穀というものが古来からある訳で、今回の問題は、これから国産の事故米、あるいは輸入、国産にかかわらず小麦、大豆、とうもろこしなどの、ありとあらゆる穀物、農産物などに波及するんじゃ無いかという予感が強まっていますが、政変のゴタゴタで果たしてどうなります事やら・・・。

国産の事故米という事で、まず頭に浮かんだものが「カドミウム米」というもの。

カドミウムっていう物質は、亜鉛を産出する時の副産物で、亜鉛の鉱山や精錬所があった場所では土壌に蓄積されていて、農産物に蓄積されやすいそうです。
カドミウム米を食べた事による被害としては、イタイイタイ病などが有名です。

そういえば、3年ほど前に私の住む愛媛県で、以下のようなカドミウム米盗難が盗難されて売り捌かれるという事件がありました。

【コメ167トン盗まれる 愛媛・西条の農協倉庫】47news 2005/07/14
(以下抜粋)
「盗まれたのは、政府が農協に寄託しているコメ102トンと民間流通米65トン。寄託米にはカドミウム含有米68トンが含まれていた。  カドミウム米はのりの原料などに使われるが、盗まれたコメはカドミウムの含有量が食品衛生法で販売禁止となる基準値以下で、長期間食べ続けなければ健康に影響はないという。」

健康に影響は無いという事になっています・・・。

紛失した米に含まれるカドミウムは0.4ppm以上1.0ppm未満で、食品衛生法で販売禁止になる基準値に達しておらず、長期間にわたって食べ続けなければ、健康に悪影響はないという。」
 http://d.hatena.ne.jp/wireself/20050715

たしかにぃ〜、食品衛生法では、販売してはならないカドミウム含有量は、1.0ppm以上となっています。
(追記:ちなみにある専門家によると、0.2ppm以上の米でも食べ続ければ危険性があるそうです。)

結局、この事件は、西条市農協元職員三崎安正容疑者(58)がコメを盗んだとして西条署に逮捕され、「市内の米穀店に売りさばいた」と闇で流通させたことを供述。
農協もカドミ米混入が疑われるコメの流通を一時停止。
 【56トンの流通を一時停止 カドミ米盗難で全農愛媛】

安全性が確認されたと発表。その後、流通を再開。
店頭からの回収などもされたようですが、あまり騒ぎにならなかったように記憶しています。

結局、基準値以下のカドミウム含有米も食用のコメとして流通したものの、
基準値以下で安全と言われた事もあり、
健康被害などの、あまり大きな問題には発展しませんでした。

・・・・・・・
そして、事故米の食用流通問題が発覚した後の最近のニュース。

【事故米、コスト抑制で着色せず 農水省、不正転売の横行招く】NIKKEI NET 20080919
(抜粋)
「食用に適さない米の転用防止として、農水省はカドミウムが含まれた米は赤く染めている。1970年以降、0.4PPM以上、1.0PPM未満のカドミウムが含まれたコメについて、工業用のりなどに加工することを条件に販売。最近5年でも年間1200―2400トン程度のカドミウム米が発生しているが、すべて着色されている。

あれ???
3年前の事件で紛失したコメと同じ0.4〜1.0ppmのコメなのに・・・、
「すべて着色」???

じゃあ、西条で盗難されて米穀店に売られたカドミウム米も、当然着色されていた事になりそうなのに・・・。
でも、3年前の報道では一言もそんな話は聞かなかった・・・。

何故だろう・・・

1.玄米の時点で着色されていても、精米されたら問題ないくらい白くなる。
2.米穀店は着色されたコメを買い取ったけど、さすがに食用として販売しなかった。
3.着色される前の段階だった。あるいは着色されていなかった。

どうにも、ニュースを追ってみても、カドミウム含有米は、「米穀店に売られて」、「闇で流通して」、「食用に消費された」という風にしか読み取れません。
1の性善説的で意味の無い着色だったか、3の元々着色されていなかったと見るのが自然な気がします。

最近の輸入事故米問題では、可能な限り追跡調査がされているようですが、3年前の事件では、どこまで流通の追跡調査がされていたのか、見えてきません。(単に調べ方が甘いだけかもしれませんが・・・)
そして事故米問題でも、国産の事故米については、まるで報道されていないようです。

・・・・
もうちょっと、調べてみます。

「米をはじめとして食物には含有基準が設けられており、基準値以上のカドミウムを含む農作物は販売することが出来ない。食品衛生法上では玄米において1ppmと規定され、これを超過したものは全て焼却処分となっている。また、食糧庁通達により玄米中0.4ppm以上の検出がされた米については、食用にされず、全て工業用に利用されている。(ちなみに台湾では0.5ppm、韓国・中国・EUでは0.2ppm、タイ・オーストラリアでは0.1ppmとなっている。) 平成18年7月に開催されたコーデックス委員会総会において、国際基準が精米中0.4mg/kgとされた。」
 【カドミウム】ウィキペディア

1ppm以上は全て焼却。
0.4〜1.0ppmのものは、全て工業用に・・・。

「焼却灰を原料として製造される天然の安山岩に近い結晶と物理的性質をもつ道路用砕石に適合する路盤材(人工骨材)として使用される。」だそうです。
工業用の糊の原料にも、どうやら米は一切使われていないらしいと最近言われているのに、路盤材も実際使われているような気がしない・・・。とてつもなく怪しい・・・。
 【「工業用糊に限り販売」 農水省の説明は大ウソだった】J-CASTニュース 2008/9/11
どっかのマスコミさん、取材しといてー。

農水省のページでは・・、
「昭和45年以降、0.4ppm以上1ppm未満のカドミウム米は、食糧庁が買入れ、非食用(合板用のり等)に処理しています。
 【我が国のカドミウムの基準値について】農林水産省

一方、同ページで、
「0.4ppm以上1ppm未満の玄米は配給しても食品衛生上は差し支えないものの、米の需給状況、消費者の不安を深く配慮して配給しないこと、等の農林大臣談話を発表しました。」

「米の需給状況を配慮して」って・・?
良い解釈をすれば、「昔のように慢性的な米不足の不安も無くなって、むしろ余っているくらいだから、食用にするな。」って事だろうけど・・・。
米が足りなくなるようなら、市場に出回る事も有り得るって意味にも取れそうです・・・。
だとしたら、ただちに着色処理されずに農協の倉庫などに保管されているというのも合点がいきます。

その場合、農協職員などの内部の人間による横流しなどの危険性は、性善説的に考慮していなかったのでしょう。


カドミ米は、「他の米と混ざらないように仕分けされ、出荷取扱い業者の倉庫に保管され生産者からの申し込みを受けて政府買入を行い、工業用のりなどで処理する。」そうです・・・。
 http://www.japan-rice.com/news-old/2004-2.html

なんと!
「生産者が申し込まなければ政府は買入しない」って・・・。
じゃあ、結局どう流通させるかは、生産者の意思に任されてるって事じゃあ・・・。
そうなると、生産者直売なんかも、ちょいと怪しくなってくるぞ・・・。

やはり、昨今の事故米問題でも怪しい事ばかりだけど、コメに関する話は、どうにも疑問や謎が付きまとうイメージは払拭できません。

・・・・・・・
(最後に、私の検索能力では手掛かりが得られなかった疑問を列挙・・・)

・着色は、いったいどの段階で行われるんだろう・・?
 →【工業用、着色後引渡しに=汚染米転売の再発防止へ−農水省】時事通信 20080908
 重金属のカドミウムを一定(0.4ppm)以上含むものは赤の着色を施した上で購入業者に引き渡している。
 購入業者に引き渡すまでは無着色で保管されていると見て良さそうです。

・本当に全て着色処理されているのか?
 →「平成15年に農水省は着色されていないカドミウム米の相当数量を1億5千万円で売却している」
 http://takejj.jugem.jp/?day=20080920
 これが、本当なら、またまたかなり大きな問題になりそう・・・。
 あと、どんなに検索しても着色済みの米の画像が見付からない。この世にそもそも存在しない可能性が・・・。

・どんな着色をするんだろう?
 →赤色という説が優勢。青という説もあり。
 赤だったら、赤飯にしちゃえー!って思ったのは私だけ・・・?
 うるち米だったら、今流行の赤米ですよー、みたいな・・・。
 →ベンガラ(弁柄)(酸化鉄顔料)で赤く染めている。人畜無害。

・工業用接着剤に全く米が使用されていないとすると、事故米はどこへ行くんだろう?
 →【事故米食用転売:「すべて工業用に加工、販売」沼田製粉、農水省の点検で /富山】毎日新聞 20080909
 沼田製粉の砂田幸信副社長は「事故米はすべて工業用に加工、販売した。」と語った。
 約35年前から、国が発注するカドミウム汚染米の加工を請け負ったことがきっかけで、
 でんぷんを接着・コーティング用の「粘結材」に加工する技術を開発。
 昨年1月に初めて入札に参加し、同年夏ごろまでに3回計約500トンを落札した。
 特許技術を用いて加工し、県外の金属メーカーにすべて販売した。

 一部は確かに使われているよう・・・。

・政府備蓄米の100万トンを上回る120万トンも輸入されているMA米の事故米以外のコメは何に使われるんだろう?
 →まあ、今のところ聞こえてくる話だと、政府援助米やせんべいや焼酎、日本酒などの材料になるようです。

・生産者が政府買入を申し込まなかったカドミウム含有米はどうなるんだろう?
 →農家から米卸業者にカドミウム米と知らせないまま販売したケースがあるらしい(要調査)。
  keyword「04年、富山、損害賠償訴訟」

・日本国内で手に入る大丈夫なコメなんて無いのかなぁ?


・その他、関連しそうなキーワード
全国米麦改良協会
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/
常勤役員4人、常勤職員6人、うち7人が農水省からの天下り。

米流通安心確保対策事業
変形加工工場
合板接着剤の原料用米穀粉及び人工骨材原料用焼却灰の成型用米穀粉
http://www.zenkokubeibaku.or.jp/kadomi/kadomi.pdf

日本農業研究所
http://www.nohken.or.jp/
全国米麦改良協会の所在地

破砕精米
40食糧第1555号
http://www.maff.go.jp/www/supply/cont/koubo2007030701e.pdf#search='変形加工工場'

拼替(はいがえ)

・その他、気になる記述のあるページ
http://www.jacom.or.jp/archive01/kome_3.html
「ミニマム・アクセス米や加工用米が主食用に横流しされているのではないかとの指摘は、業界関係者からしばしば聞かれるが、18日、食糧庁はそうした不正な流通がないか、4月中に米の加工業者への立ち入り検査を実施し実態把握することを決めた。」農業協同組合新聞2000.4/18
8年も前から事前予告して検査してたようです・・。

・・・


追記:081002
週刊ポスト2008.10.10号【「汚染カドミウム米」―年間2400トン―も消えていた】より要旨抜粋
・粉砕して着色する変形加工で、食品メーカーが加工していた。
・カドミウム米に関する業務は全国米麦改良協会の中の1人が全て行っている。
・納入量のチェックは運送会社の運転手が行う。
・製品の品質確認は民間検定機関に委託。
・農水省は糊メーカー名を公表せず。計3社(合板糊メーカー2社、人工骨材メーカー1社)
・農水省の消費流通課は転売報告を受けているが米麦協会は把握せず。
・実際変形加工された米は、そんなに赤くなく、白色の範囲内。

その他の見出し
・「中国ステルス野菜」が原料の加工食品の鉛含有量は45倍!
・「薩摩宝山」社長が「何もしてくれない農水省」に涙
・「オムレツ温めるだけ」 「給食のおばさん」年収600万円は高すぎる?
(もし転載不都合でしたら、コメント欄にてお願いいたします。)


おまけ:
輸入事故米は、着色されないものの、ダイレクトに食用にされないように通常の米粒の3〜4分の1に砕かれてから(※)流通されるという話もありました。
 (※:テレビで見た感じだと、決して「粉砕」という表現はふさわしくなく、「砕かれた」といった感じでした。)
昔(5年以上前)、買って食ってた、標準価格米より格安に売っていた「複数産地米」の「コシヒカリ」が、粒が砕かれたかのように細かかった事を思い出しました・・・。(全体の何割か混ざっている感じです。)
細かい粒が、炊かれると糊状になって、とっても食べるのがツライおコメでした・・・。

だけど、スーパーや八百屋で、そんな相場より激安の謎のコメを見かける事って多いよね・・・。


追記:2008.10/14
【カドミウム米を全量廃棄=事故米転売問題受け−石破農水相】時事通信(2008/10/14-11:14)
 石破茂農水相は14日の閣議後記者会見で、これまで工業用のりの原料として販売してきた重金属カドミウムを含有するコメを全量廃棄する方針を明らかにした。事故米の不正転売問題を受けた措置で、今後は新たな売却も行わない。

わー、ちょっぴりもったいない〜。

追記:2011.04/23
【不正流通3000トン超に=事故米の調査終了−農水省】時事通信(2011/04/22-18:02)
指名停止処分を受けたのは、伊藤忠商事、兼松、ヴォークス・トレーディング(東京)、双日の4社。


【事故米食用転売:非食用小麦も不正転売 調査で判明、商社を処分】毎日新聞 2011年4月23日
非食用のカナダ産小麦622トンの不正転売も判明。
事故米の不正転売について農水省は、伊藤忠商事、双日、丸紅など5社に対し22日から3カ月、輸入米麦の入札で指名停止処分とした。農水省は「健康被害の報告はない」としている。



↓ご参考に↓
【カドミウム含有米の盗難事件。そして巷に出回る激安米。】 2005/07/15
カドミウムと土とコメ
日本土壌の有害金属汚染
食品汚染読本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【事故米】カドミウム米が全量廃棄されるそうです。
輸入米(MA米/ミニマムアクセス米)の事故米問題のドサクサで、すっかり陰に隠れて大きく表沙汰にならなかった国産カドミウム含有米が全量廃棄される方針が決まったそうです。 ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2008/10/14 13:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【事故米】カドミウム含有米も食用に流通している!? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる