ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS こんにゃくゼリー窒息死報道で、殺されそうな我が娘

<<   作成日時 : 2008/10/07 12:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

またマンナンライフのこんにゃくゼリーが原因で幼児が窒息死する事故が起きました。
95年以降、把握されているだけで17件目の窒息事故だそうです。
 【こんにゃくゼリー:幼児が窒息死 95年以降17件目】2008年9月30日 毎日新聞

別に販売元のマンナンライフを責めたいとか、消費者庁の設立を急げとか言いたい訳じゃなくて、この事故の報道によって我が子が非常に危険な状態に陥っているという話です。

私はブログのタイトルにもあるとおりダメ主夫。
現在10ヶ月になる娘の面倒を見ています。
妻は勤めに出て、妻の母、つまり義母(後期高齢者)が同居。

基本的には私が娘の面倒を見ますが、一時的に義母に預ける事も無くはありません。


その義母には、軽い痴呆の症状があります。
それといって深刻な状況では無いので、普通に老年性の痴呆だと思います。
とにかく記憶する能力は、ほとんど失われています。

娘が、つかまり立ちをするようになって久しいと言うのに、毎日のように「あら、立ったよっ!たいへんたいへん」と大興奮。
日々新鮮そうで嬉しそうなので、特に何も突っ込まず放っています。

そして、「これしちゃダメ」という事が、「これしなきゃダメ」に脳内変換されるという症状が見られます。
「それはゴミじゃないから捨てないでください」と言えば捨てられ・・・。
「ご飯がかたいから水加減を多めにしてもらえますか?」と言えば、より硬いご飯が炊かれる。
「赤ちゃん寝てるから起こさないでくださいねー」と言えば、たたき起こす・・。

もともと頑固で意固地な性格らしく、こうと決めた事は何が何でもやり遂げるタイプ。
それが、こうと決めた事がすべからく逆の事になってしまうのです・・・。
「○○しちゃダメ」という強い印象で「○○」だけが記憶され、やがて「○○しなきゃ」に変わるのではないかと推定しています。

一緒に暮らす家族としては、こういった症状には慣れているので、「何々しちゃダメ!」という風に取られないように、お願いの仕方を工夫するように心がけています。

そうする事によって、家族間での意思疎通には問題の無いレベルを維持できるのですが、
テレビのニュースやワイドショーでの「○○しないようにご注意ください」等の情報には触れさせないわけには行きません。
特に、みのもんたが「絶対○○しちゃいけませんよー」などと言うと効果抜群です。(汗)

中国製毒餃子が話題になると、餃子を毎日のように買って来ます。
BSE牛肉が話題になると、アメリカ産牛をわざわざ選んで買って来るといった調子です。
買って30年以上で最近過熱気味の扇風機を捨てようと言えば手が付けられなくなるほど怒り出します。

その程度なら、危険性は少ないとは思うのですが、今回の「こんにゃくゼリー」は違います。
生後10ヶ月の娘に食べさせるような事があれば、窒息死する可能性があるのです。

そして案の定、冷蔵庫を開けたら入っていました・・・。
こんにゃくゼリー・・・。
「マンナンライフのこんにゃく畑」では無い、より窒息可能性の大きいやつ。
幸いか、冷凍ではありませんでしたが・・・。

慌てて、食べてしまった事にしようと隠しましたが、買った本人は買った事すら忘れているのですから困ったもんです。(そしてたいてい、隠した方が忘れた頃に思い出す・・・。)

あくまでコミュニケーションにも問題は少なく、ごく軽い痴呆症状なので、テレビを見せないなどの処置も取る事が出来ません。

下手な注意をすれば、怒り出して何日間か意思疎通が不可能になってしまいます。
ひたすら父親の私が注意を払い続ける事になり、結果、義母と婿の関係は修復不可能なほどの冷え込んだ状態・・・。
でも妻経由で義母に預けられる事は多く、完全に安心は出来ない状況が続きます。


マスコミ各社、特にテレビ局のような垂れ流しメディアにおかれましては、このような症状の視聴者も居るという事を考えて、刺激的な表現をもっと抑えるようにして貰いたいところですが、どうせ無理だろうなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・。


注:多少センセーショナルな内容でごめんなさい。多分に脚色されている文章ですのでどうかご了承ください。


追記:10/8
この記事を書いた翌日、蒟蒻畑の製造中止が決定されました。
【こんにゃくゼリー窒息死:マンナンライフが製造中止 改善策対応できず】

 こんにゃく加工品メーカー「マンナンライフ」(本社・群馬県)は7日、兵庫県の1歳男児が今年7月に食べ窒息死したミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売会社に通知した。マ社品質保証室は「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。

 マ社によると、製造中止となるのは、蒟蒻畑(25グラム12個入り)の8種類▽蒟蒻畑ライト(24グラム8個入り)の6種類▽蒟蒻畑コンビニ専用商品(25グラム6個入り)の3種類。8日の出荷で販売をいったん終了する。製造再開のめどは未定という。

 今回の事故を受け農林水産省は、子供や高齢者が食べないよう警告する外袋のマークの拡大などの再発防止策を要請。業界団体は取り組みを表明していたが、マ社は「時間的、物理的に対応が困難で流通に混乱を招く恐れがある」と判断したという。

 既に流通している商品は「商品が危険だから製造中止にするわけではない」として自主回収せず、テレビCMなどで子供や高齢者は食べないよう注意を呼びかける予定だ。【柴田真理子、板垣博之】

毎日新聞 2008年10月8日

マンナンライフは無遠慮で過剰演出依存症のマスコミの餌食になったという事で気の毒です。
まあ、改善して製造再開するようなので、会社が潰れるほどの事は無いでしょう。

ああ、またニュースやワイドショーで騒がれたら、義母が蒟蒻畑を探し出してでも買ってきて生後10ヶ月の娘に無理矢理食わせる・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう
アメリカやヨーロッパではこんにゃくゼリー売ってないんだよね
窒息事故があったから
法螺貝
2008/10/07 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんにゃくゼリー窒息死報道で、殺されそうな我が娘 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる