ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS えげつないインフルエンザ商戦、2009

<<   作成日時 : 2009/01/28 09:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のインフルエンザ商戦は例年に比べて一味違う。

テレビでは、「予防のためにマスクをしましょう。」、「外から帰ったらうがいと手指の消毒。」、「加湿器を使いましょう。」と、あからさまな番組内コマーシャルの嵐。

やたら蛍光塗料とブラックライトを使った実験ばかり・・・。
それで、どれぐらいの感染力があるか、まるで説明されない無意味な実験。
空中を漂わずに何かに付着したらウィルス死ぬんじゃ無かったんかいっ!?

接触感染の風邪と飛沫感染のインフルエンザを完全に混同。

ドラッグストアに行くと、昨年までSARS騒動以来品薄が続いていて花粉症のシーズンだけ御用達だった箱入りマスクが山ほど積まれている。

さらに新型インフルエンザ発生に備えて、食糧、医薬品、マスク、氷枕、ビタミン剤などの備蓄を促す。

空気の消毒剤、手指の消毒薬、ビタミンC、のど飴、風邪薬、加湿器、マスク・・・、売れる売れる。

インフルエンザ注意報にインフルエンザ警報。

リレンザは有効なのに、その事実を伏せたまま「今年のインフルエンザは特効薬とされていたタミフルが効かない!!」と大々的に意図的誤報を垂れ流すマスコミ。

予防接種は効果なく、何の予防も有効的治療も完全不可能な新型インフルエンザがいつ発生してもおかしくない。

パンデミック、パンデミック、ヤッホー、ヤッホー♪

SARSはどこいった?

去年まであんなに脅威だったノロウィルスとかアデノウイルスはどこへ消えた?

映画「感染列島」を見た人は即マスクを買って帰るらしい。

不景気に対抗したい医薬品メーカーの気持ちは分かる。

あまりにあからさま。

あまりにえげつない。

あまりに脅しすぎ。

超立体マスク高すぎる。

クレベリンはガス臭い。

関連商品メーカーウハウハ、全体の不景気は進行。

冬の寒さに心の寒さが重なる。


追記:01/30
【インフルエンザの万能ワクチン開発…厚労省研究班】2009年1月29日 読売新聞
(以下抜粋)
 いろいろなタイプのインフルエンザウイルスに効くワクチンを厚生労働省研究班が開発した。
 実用化までには数年かかるとみられるが、新型インフルエンザの予防にも役立つと期待される。
 研究班は、国立感染症研究所、北海道大、埼玉医科大、化学メーカーの日油。


【<東証>日油が急伸 インフルエンザの万能ワクチン開発に参画】2009年1月29日 NIKKEI NET

なんか、今年のインフルエンザは予防接種が効かないという執拗な宣伝の理由が見え隠れ・・・
過剰なインフルエンザ報道のおかげで大きく得をする人が出ちゃいました。

万能ワクチン報道前から極端な怖がらせ報道によってインフルエンザ関連株は買われていたと考えられるわけで・・・
インサイダーとか風説の流布にはならないのかなー?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
えげつないインフルエンザ商戦、2009 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる