ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 『1世帯当たり年間36万円』って誰が言っている?

<<   作成日時 : 2009/09/14 10:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さて次期政権を担う民主党が地球温暖化対策として二酸化炭素などの温室効果ガスを1990年に比べて25%削減する事を目標として掲げるなどと言われています。

その途端に、興味のある人は目にしたであろう、『1世帯当たり年間36万円』の家計負担が増加するという話。

その36万円って、誰が言い出した数値なのか?

ボケーっとテレビを眺めていると、あたかも民主党が削減実現のために試算した数値なのかと思い込んでしまいそうです。

しかも、『政府が何かをするから税金があがる』というのではなくて、『政府が(設置や販売中止を)義務付けするから各家庭での支出が増える』というもの。

実に強権的で到底日本国民が納得するとは思えない考え方。

自民党政権が義務化した地デジ対応テレビの購入や火災報知機の購入だって全世帯普及には疑問符が付くというのに・・・。

でも、実際に一世帯あたり年間36万円の負担増っていう試算を出したのは、民主党じゃ無くて政府(経済産業省)のようです。

政府って言ったら、民主党政権が発足していない現時点では自民党政権下の政府っていう事になるわけで・・・。

しかも、経済産業省って・・・。

地球温暖化ったら、環境省あたりが主導だったと思ったんだけど・・・。

そもそも自民党時代の京都議定書での取り決めのマイナス6%にしても、削減目標の8割くらいは他国との排出権取引やカーボンオフセットによるものだったのに、今回の試算では、全て家庭での対策に置き換えられているようです。

疑り深い私としては、官僚締め付けをすると言われている民主党次期政権に対する官僚の嫌がらせじゃ無いかとついつい思ってしまいます。

そして大声を出して反対の度合いを強めているのは、いわゆる経済産業界。

民間放送局(民放)の非常に主要な資金源(スポンサー)たちでありまする。

民放で、『25%削減=36万円』の負担増と伝えられるのは、ある意味当然の帰結と言えると思うのです。

『政・官・財』共同の民主党たたき。

『政』が変わり、『官』が変えられ、『財』が支持する者が没落した今後、どうなっていくのか・・?

あまりに下手でお粗末で不自然な行動・・・。

民主が例え強行的温暖化対策を進めたとしても、今回のような露骨で嫌気がさす妨害工作を経済産業団体が進めたとしても、どちらにしても温室効果ガス排出の抑制には効果的なんじゃないかと思ったりもします。


☆以下、参考にしたMSN産経ニュースの記事です。
【温室効果ガス 30%削減の衝撃】(1)民主案 36万円家計負担増 (1/3ページ) 2009.8.26
【温室効果ガス 30%削減の衝撃】(2)大減産迫られ雇用に打撃 (1/3ページ)   2009.8.27
【温室効果ガス 30%削減の衝撃】(3)排出枠取引 産業界は反対 (1/2ページ) 2009.8.28



★以下、温室効果ガス削減についての私的意見。
日本全体の温室効果ガスの排出元で占める割合の最も少ない家庭分野に削減を求めるのはちゃんちゃらおかしい。
どうせ世界一の貯蓄を取り崩したいだけでしょ。

だいたい小規模太陽光発電や風力発電などという、あらゆる発電方式の中でもとりわけ効率が低く耐用年数も短いものを使って温室効果ガス削減を担わせるのは荒唐無稽。
小水力発電や、原発推進派にもみ消され続けてきたと噂の地熱発電(高温岩体発電)などの中・大出力を得られる再生可能エネルギーで、とりわけ日本の風土で威力を発揮するものは他にもあります。

【地熱エネルギー普及の起爆剤となるか?Googleが地熱発電の新技術に1025万ドルを投資! by greenz】
『NEDOが1993年度に日本の地熱地域の0.3%を対象に行った調査では、高温岩体によって2900万kWの発電ができると見積もられました。2900万kWというのは、原子力発電29基分に相当する』


あと、インドネシアのボルネオ島の焼き畑等による泥炭層の火災では日本の排出量13億トンを倍近く上回る20億トンもの温室効果ガスが年々発生し続けているといわれいます。
中国やアメリカでも消えないまま莫大な温室効果ガスを排出し続ける炭鉱火災が存在します。
そして、そういった数値は削減目標の基本となる各国の排出量に含まれていません。
人為的、経済産業的に排出されている事には変わりが無いのに・・・。
どうせ海外と排出権を取引するのであれば、ボルネオ島の泥炭火災の5分の1を鎮火させるだけで民主党の目標は達成できるのに何故、家庭に戸別負担を求めるのか??
そもそもなんで、そういった自然的といえども元々人為的に発生させられている大量の温室効果ガスにノータッチのまま排出量を取り引きするとか言い出せるのか?
まあ、せめて調査して事態を明らかにして、費用の試算くらいはしてほしいものです。


やはり民主党が政権を取ったところで、地球温暖化対策は何ら実効的な対策を打ち出さないまま内需拡大目的と外交のコマのひとつに過ぎないままなのでしょうか?



★以下、おまけ・・・。
まず、事実。
最近このブログの来訪者が一気に半減し、国内最大手検索エンジンでキャッシュから消された模様です・・。
ちょっと前は、YとGからまんべんなく来訪者があったのですが、9月14日の来訪者はGが9割、Yが5%ってな感じです。

そして、妄想。
民主党が政権を取ると同時にあれこれ書いた記事で経団連とか官僚とか原発推進派とかの悪口ばっかり書いてきたから大手検索エンジンに削除するように命令が行ったのかなぁ?などと希望的推測・・・。

ますます検索で辿り着けなくなる『ダメ主夫ひげメガネの雑記帳』。(誰も読んでくれなくなって)悲しいような、(好き勝手書けるようになって)嬉しいような・・・。


★以下ご参考に
セントラリアの坑内火災 - Wikipedia
asahi.com:インドネシア、大量CO2 焼き畑で泥炭火災相次ぐ
経済産業省のカラクリと仕事がわかる本
王道の日本、覇道の中国、火道の米国
ボルネオ ―燃える大地から水の森へ―
世界の地球温暖化対策 ―再生可能エネルギーと排出量取引―
地球温暖化は止まらない ―地球は1500年の気候周期を物語る―

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『1世帯当たり年間36万円』って誰が言っている? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる