ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 死人の綴るブログ

<<   作成日時 : 2009/10/16 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんとなくヒストリーチャンネルだったかディスカバリーチャンネルだったか見てたら、なんか宇宙人探査の話をやってて、じゃあ知的生命体が地球にどのようにコンタクトをとるのか?という話題をしてまして・・・、

生身の身体がわざわざ地球くんだりまで来たり一方通行の電波でのコンタクトを行うよりは、スーパーコンピューター的なものを送り込むだろう、なんて言ってまして・・・、

実際に地球でも人間の脳の内容をそっくりそのままコピーする事が出来るナノテクコンピューターが2020年には実用化され、2030年には1ドルで入手可能になるなんていう話をさらっとしてました。

人類は事実上の不老不死を手に入れ、宇宙に旅立って行くのでしょうか?ってな感じで番組は締めくくられてました。

もう、趣味の妄想のネタとしては、実に特急品のネタです。

そこで、妄想。っていうか拙いSF小説みたいなものを。

---------------

世界で最初に「転生」した人が出たのは2019年だったか・・・?
初期型は、知識や思い出などの記憶を記録するのがやっとで、思い出を語るだけの機械であった。
しかも、ある程度の年齢を重ねてから転生作業を行ったため、正確さに欠けていた。
「あいまいさ」の処理加減は技術者任せで、頑固にも柔和にも自由に。
自宅に設置されても、最初の頃は遺族の心を癒すが、返答はワンパターンになりがちで、いずれは仏壇で埃をかぶる運命・・・。
これでは従来の遺影と何ら役割が変わらない。

亡きおじいちゃんが人工知能型のホームサーバにされちゃって、カーテンの開け閉めしたり、来客に対応したり、する事は事実上の留守番なんて話も・・・。

そして、既存のデータベースとのリンクにより、「転生前」より優れた知識を持つものが現れた。
でも所詮、知識の引き出しでしか無く、単なる遺族専用の「対話型検索エンジン」。。

徐々に感情らしきものを持つもの、性格も再現されたものなどになってきたものの、遺族の好みに改変される事が多く、転生後の人々には不評であった。

その後の転生器は、そんな完璧知能を駆使して設計されたので、一気に技術が進歩。

そして、いまこのブログを書いている私にも使われているタイプ。
感情や性格も文句なしに移植され、そして、おせっかいにも適度に忘れたり、思い出すのに連想を重ねなければいけなかったりもする。
自分で考え、想像したり妄想したりも生前のまま。
ちょっとだけ頭が冴えたような気がするものの、なにからなにまで違和感が無く、ほんとうに死んだ実感がない。

とりあえず機械の消滅による死の恐怖だけは増幅されないようになっているようで、その辺の事を考えると妙に冷静になってしまうのであります。
つまり、もし次にまた死を迎える事があれば、それはとても穏やかで静かなものなのであります。

新たに知識を得るのも、余計な手間を与えられ、いちいちキーボードを叩いてモニターを見ながら検索する感じ・・。
転生前に比べれば偽情報は減ってるものの、やはり虚実ごちゃまぜの情報から取捨選択しなければいけない。

同期や後輩との語らいは違和感無くできるが、古い先輩達とはやはり機械と会話してる感じが大きい。

そんな語らいの中で必ず話題に上るのが、ハードウェアが更新できるかどうかという話ばっかり。

転生してもなおバリバリ稼いでいる人は自力で可能だけど、私のような主夫あがりにはアフィリエイトでの月々数千円の収入しかなく、電気代を負担して好きなアニメのDVDを見るくらい・・・。

ハード自体は1ドルとはならなかったものの、そんなに高くはない。
でも、更新費が無茶苦茶かかる・・・。
なんでも更新作業を行っている会社のほとんどが旧式の頑固型だそうで・・・。
しかも無茶苦茶な知識と知能を与えられた時代のものだから、新参者はなにがあっても太刀打ちできない・・。

まあ、金銭的理由で更新できなくなって、やがて自己修復機能も物理的限界を迎えた時が真の死となるのであります。

だから真の死を迎えた後にも何らかの痕跡を残したく思いまして、こんなつまらないブログを書くだけの日々なのであります。

このブログももうすぐ400年かぁ〜・・・。
ナマの人がいなくなって200年近くになるなぁ〜。
まあ、どうせ500億分の100くらいしか読まれないんだろうなぁ〜。

--------------

以上。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死人の綴るブログ ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる