ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ロシアのスパイ団」 なんだかなぁ

<<   作成日時 : 2010/07/01 10:40   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカは宇宙の無重量空間でも使用できるボールペンをNASAの総力を挙げて膨大な資金をかけ開発した。
一方、ソ連は鉛筆を使った。

なんていうジョークを思い出してしまった・・・

お金を土に埋めてやり取りしたとか、見えないインクを使ってたとか、カフェの前に大使館のクルマが停まって暗号無線通信でやりとりしてたとか・・・
なんとも冷戦時代然としたアナログなスパイ活動・・・

そして一気に11人もの逮捕。
なかにはグラビアモデル気取りの美人スパイなんてのも・・・。
おいおい、スパイがそんなに目立っちゃいかんだろう・・・

でも、なんだか現実ばなれした話。っと感じるのは私だけだろうか?
第一印象は、なりきりロシア・スパイのパラノイア患者のでっちあげじゃないか?って感想。

「ロシアでは、オバマ米大統領の対露融和政策に反発する“タカ派”が仕掛けたスキャンダルだとする見方が強まっている」
だそうで・・・

【スパイ逮捕で露「反オバマ勢力の仕掛け」 なお対米批判は抑制】産経ニュース 2010.6.30
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100630/amr1006301931010-n1.htm

だけど、一昨日このニュースが報道されたと思ったら、2日後の今日はもはや具体的にどんな情報を扱っていたかなどの掘り下げた報道は見られず、もっぱら米ロ関係がどうなるのかみたいなぼやけたニュースばかりになってばかりなので、ある意味リアル。
だけど、アメリカは対イラク戦開戦の嘘とかの前例もある訳だし・・・

もし全部本当だとしたら、なぜ2重スパイに仕立て上げなかったのか?などの疑問も。
CAIは冷戦終結後、もはやかつてのように機能していないのか?
それとも、アメリカのスパイも同様にロシアで暗躍しているのか?

どう考えても、例によって完全には表沙汰にならないまま終了しそうなニュースでした。


KGBの世界都市ガイド

KGBの世界都市ガイド

価格:2,982円(税込、送料別)


KGB帝国

KGB帝国 ―ロシア・プーチン政権の闇―

価格:2,520円(税込、送料別)






ザ・プーチン 戦慄の闇
阪急コミュニケーションズ
スティーヴ・レヴィン

ユーザレビュー:
柔道ばかりがプーチン ...
ロシア語が読めたらよ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ロシアのスパイ団」 なんだかなぁ ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる