ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 待機児童数増加に国が何にもしない理由。。

<<   作成日時 : 2010/09/07 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

待機児童数が3年連続増加して、今年4月1日現在で2万6275人なんて事がニュースになっておりまして、
今朝放送のフジ系「知りたがり!」という番組でも特集していました。

【待機児童 3年連続増…2万6275人】読売新聞 2010年9月7日
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100907-OYT8T00362.htm

番組では、待機児童数が多い理由として、認可保育所は2万円〜4万円、認証保育所は8万円、認可外保育所では10万円〜15万円かかるなんて数字を出していました・・。(たぶん月謝の額)

そして待機児童数という数値は認可保育所に申し込んでいて入れない子供の数なので、待機児童数を目安に認可保育所を増やしても、更に待機児童の数は増えるとかなんとか。

潜在的な待機児童数は何十万人にもなるだろうなんて事も言っていました。

常々、私が思っている事として言いたいのは、これは東京などの大都市圏などだけの一部地方特有の問題だと言う事。

上記のニュースでも、東京、神奈川、沖縄、大阪、千葉の上位5都府県だけで、全国の66%!!

私が住む松山市(いちおう50万都市)での待機児童数は、ちょっと古いデータですが平成19年4月1日時点で28人・・・。
待機児童0の県も少なくありません。

全国の詳しい数字は↓
【都道府県・政令指定都市・中核市別 保育所待機児童数 集約表】厚生労働省 平成19年4月1日時点
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/09/tp0907-1c.html

だいたい認可外保育所の月額が10万円以上って・・・

うちの娘を預けていた認可外保育所(松山市では地域保育所と言うらしい・・。)は月−土の朝8時から夕方6時までで、3万8千円と5万2千円の月額でした・・・。
しかも初期に預けていた高い方は子供が少なすぎて店をたたんじゃう始末・・・。

明らかなるフジテレビの誤報です。または東京など一部地方だけの事です。

まあ、平日朝の9時55分からフジテレビで放送してる番組って東京ローカル情報番組が前身だからしょうがないか・・。
ある意味、ネット放送してる地方局が悪いとも言えそう・・・。
こんなんじゃ、なんら待機児童に問題の無い地方在住者にまで少子化の要因になっちゃいます。

そんでもって松山市の場合、認可保育所は3歳未満だと5〜6万円とかで、3歳以上なら認可外と同レベルで、待機してまで入りたいものではありません。
まあ、認可外では少々すし詰めぎゅうぎゅうの場合がありますが・・・。

要するに、待機児童問題というものは東京や横浜などの大都市だけの問題であって、対策は各自治体でしなければいけないことなのです。
共働き率も人口も多いんだから、当然税収も多くて、地方に比べれば予算は出せるはずなのに・・・
ある意味、全国ニュースになる事自体が大間違いです。

よって、この待機児童問題で国に対策を求めるのは、大間違い。
だって、待機児童が問題になっている地域の選出国会議員より何の問題も無い地域の選出議員の方が明らかに多いわけで、法案が通る見込みが薄いです・・。
(政党政治なので実際はどうか知りませんが、待機児童が0なのに賛成した議員さんは次の選挙の得票に影響が出ちゃうでしょう・・。)

なんの問題も無いのに無駄になる保育所設置の予算が国から下りるのもおかしいし、自治体によって著しい予算の偏りが生ずるのもおかしい。

つまり在京のマスコミがどんなに声を大にして訴えたところで無駄な事なのです。
なんらかの効果があるとすれば、何ら対策をしないように見える政権与党に対してNO!を突きつけるくらい・・・。(それが本音か!?)

個人で出来る対策として最も有効なのは、待機児童数が少ない地方に移住する事。
えっ?地方じゃ職が無いだろうって!?
いやいや物価も家賃も地価も都会人には信じられないくらい安いから、贅沢さえしなければ無理に共働きしなくても十分やっていけるよ〜♪
あっ、共働きじゃ無かったら子供を保育園に預ける必要ないか・・・

まあ、実際は就学環境や利便性や人脈などのつまらないしがらみかなんかで移住を躊躇する気持ちは良く分かります・・・。

でも、私なんかブログのタイトルどおり主夫専業だけど、東京から松山に引っ越したおかげで娘も生まれたし、託児所(認可外保育所)に預けまくりだったし・・・。(現在は幼稚園児)

以上、子を持つ一個人の意見でした。本気で移住を検討する場合は、やはり慎重に〜。


(旧タイトル;『待機児童数は一部地方だけの問題です。』)


参考:
待機児童、国の基準・指導体制では解消しない−JanJanニュース
http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911062784/1.php

【子育て】都市部の保育所では待機児童、地方は定員に満たない−47NEWS
http://www.47news.jp/47topics/e/16892.php


■追記:10/22
まあ、あとになって冷静に考えてみたら、国に出来る事って別に税金の無駄遣いに限らずいろいろあるんじゃないかなぁ、と・・・。
制度の変更や規制緩和などで現在の幼保一元化を妨げる縦割り行政の弊害を取り除いたりなんかしたり・・・

なあんて考えていたら、待機児童ゼロ特命チームが村木前局長を筆頭に設置されたとかナントカという話題に関連して今日のフジ「知りたがり!」でも引き続きこの話題をやっていました。
まあ、内容は幼保一元化の長所と短所を挙げて、私の感想としては、こりゃ到底実現無理だわ。と思えるもの・・・。
保育士さんと幼稚教諭じゃ給料が違いすぎるとか、運動会の代休が不可能だとか、親同士の交流が皆無になるとか・・・

でも、菅政権はコロンブスの卵的な施策を検討していて、これならば施行後間違いなく待機児童が0になる!!ってヒジョーに納得が行きました!!!
なんだか詳しい事は忘れたけど、とにかく「待機児童数を数えないようにする/数えられないようにする。」って施策だそうで・・・
なんだっけ・・・、所得による保育費の変額が撤廃される事で、各地方行政が希望者を把握する必要が無くなるから、だっけ・・。
そりゃあ間違いなく待機児童数ゼロは実現できるわぁ!さっすが菅首相〜!と得心いたしました〜!!!
って、おいっ!

まあ・・・、無用な不安感を煽って少子化を助長するような要素だけは少し減るのかなぁ・・・?
でも、現在の少子化って、行政責任よりもより心理学的なものや動物的本能に根差すものでちょっとやそっとで回復するとは思えないなぁ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
待機児童数増加に国が何にもしない理由。。 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる