ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【尖閣諸島問題】日中関係泥沼化か?

<<   作成日時 : 2010/09/27 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

う〜ん、なんかビミョーな問題なので、なんとなく書く事を避けちゃってたなぁ・・・。
漁船衝突事件が起きて、船長だけ拘留期限延長して、船員は早々に帰して、中国の反発が激化して、日米安保条約の確認を行い、レアアースが禁輸されちゃって、日本人4人が拘束されちゃって、沖縄地検の独断で船長を釈放・・・。
矛を収めるかと思った中国は更にエスカレートして謝罪と賠償を強く求め、日本政府は応じない事を強調。

尖閣諸島が日本の領土だと言う根拠はしっかりあって、まさに「領土問題は存在しない」
という日本の立場・・。
だけど、正当性はともかく中国も、少なくとも人民は、尖閣諸島が中国のものだと信じて疑わない。あるいは信じる事を強要されて疑う事を許されない。
そういった世論形成を行っている中国側が謝罪と賠償を求めるのはある意味当然。

縮みゆく国と伸びゆく国。
どちらが立場が強いのか、はっきりさせたいという気持ちも分かる。
日本はかつて朝貢してたんだから。なんて理屈も根底に見え隠れ。

でも、あまり日本を刺激、とりわけ軍事的に刺激しちゃうと背後の「荒ぶる獅子」アメリカを敵に回しかねない。
人民からの突き上げを政府批判へ変換しちゃわないようにも、振り上げたコブシは絶対におろせない。
「ヘタレ」「弱腰」の批判を国民から突き付けられるのを恐れるのは双方一緒だけど、中国の方が度合いが桁外れに強い。

中国国内のデモ活動なんかも明らかにダラダラしていて「やらされ」感丸出し・・。
でも政府のやる事に反対の意見が絶対に言えないのは文化大革命からの一貫した中国のノリ・・・。

そして中国が間違いなくバブルまっしぐらという裏付け。
経済的に強いんだから強く出られるという考え。
日本企業が多少撤退しようが、日中間の貿易や観光がストップしようが中国の繁栄は続くという浮かれた考え。
南シナ海の天然ガス資源が自由になれば、むしろオツリがくるくらいと思っているかも・・・
もしそうなったら、日本は物価高騰にあえぐ事になりそうだけど、国産品市場が潤う事にもなるからデフレとか不景気とか無くなっちゃうかも!?

中国近海の海は汚染が進んで魚が採れず、尖閣諸島付近は巨大な魚食市場を支える貴重な漁場だそう。
漁民としても尖閣付近で採れた魚の方が高く売れるとかで、百隻以上もの大船団でやってくる。
なんといっても石油・天然ガス資源は魅力的。
日本なら40年使えるだけの資源量。中国なら20年くらいで使い切っちゃいそう・・・。
日本はどうせコスト的に手を出さないと思われている?

今回の船長釈放で、領海侵犯も激化しそう。
今度は中国が主張する沖縄トラフまで来ちゃうよ〜
日本政府はなめられっぱなし。
国際社会的、とりわけ日本と同様に中国と領有権問題が起きている国には悪しき前例を作ったと大不評なようで・・・。
ODAの中止とか強硬措置に出ようものなら、今度はどんな更なる強硬措置に出るか全く分からない。

まず非武装の監視船に始まり測量船が来て最後に海軍の軍艦が来て実効支配を強めるというのが中国のやり方。
フィリピンの南沙諸島でのやり方。
尖閣では現在監視船とにらめっこが続く・・・。

もし国際司法裁判所で判定を仰いだら、大陸棚の関係や漁業や天然資源採掘で実効支配していると見られる中国に分があるなんて話をいつぞやの朝の番組で言ってたなぁ・・・。
現在は日本側が灯台を設置しているけど、中国が竹島みたいにいつ強引に基地でも作っちゃわないとは限らない。
まあ、両国が同意しないと提訴できないから、永久に提訴できないだろうけど。

どうにも着地点が見えない・・・。
元首相レベルの鳩山さんあたりが緊急訪中でもしたら収まるかなぁ・・・
でも昔の外交風に言えば、ズバッと首切られて送り返されそうな雰囲気だよなぁ・・。

フォークランド紛争みたいに戦争になっちゃうかなぁ・・・。
だけど、中国は核保有国だからなぁ・・。
中国が万が一実力行使に出たら日本は開戦せずアメリカの核の傘の下で外交的解決を目指す事になりそうだなぁ・・。
現政権も、わざわざアメリカで日米安保条約第5条の適用を確認したりした訳だから、当然軍事衝突を想定している・・・
外交的に打つ手なしだからかなぁ・・

とりあえず今の段階では名目上は禁輸措置や大使召還や経済制裁などのより強い措置に及んでいないわけで・・・
口での言い合いのうちに事が収まれば良いのですが・・・。

日本は今までアジア諸国の反発に対して「金持ち喧嘩せず」という対応ばっかりだったけど、
今回のようにお互い金持ちだと思い込んでる場合はどうかなぁ・・
他方、中国は「水に落ちた犬は叩け」とばかり要求は苛烈さを増すでしょう。
『西ニ怒リ心頭ノ国アレバ、大丈夫怖クナイヨト言ッテアゲル』くらいの柔和な対応を続けるしか無いのかなぁ・・・

それにしても那覇地検の独断で釈放という事になっているけど、なんとも納得が行かない。
「日中関係を考慮」などと地検レベルが判断基準にした上で表明するのも言語道断だし・・・
政府・千谷官房長官が働きかけたというまことしやかなウワサがあるけど、だったらなおのことそのような事を表に出すのはおかしい・・・。
千谷さんが余程無茶な要求の仕方をして那覇地検が嫌味ったらしく会見をしたっていうなら少し合点がいくような・・・。
それとも中国が沖縄まで返せと言いかねない状況に地元はびびったのか・・・

海上保安庁が撮影したビデオも凄いらしい。
公開しちゃうと、日本国内が中国討つべしみたいな風潮に一気になっちゃうから公開できないとかナントカ・・・。
やはり公開しないのは、北方領土とか竹島とか一気に政府のやらなきゃいけない面倒事が増える事を今の日本政府が望んでいないという事でしょうか。

【「鋭角の鉄の船首でぶつかってきた」 中国漁船衝突ビデオの衝撃中身‎】J-CASTニュース 2010/9/27
http://www.j-cast.com/2010/09/27076794.html


----
以上、自分で読み返してみても支離滅裂・・・。気が向けば推敲していきます・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国の厚かましさは、実は外交のお手本かも
中国は尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に対して、日本に対し謝罪と賠償を求めてきた。おそらく多くの日本人が、「なんと厚かましいことよ。」「盗人猛々しいとはこのことか。」などと思ったことだろう。しかし、国際社会に厳密な意味でのルールはない。強いて言えば、大国の行ったことが慣例法としてのルールになってしまう。だから、中国の要求に日本が屈することがあれば、それは慣例法の実績となるだろう。それを他のアジア諸国は恐れている。現に、中国人船長を解放したことを、アジア諸国は、中国が領海を拡張す.. ...続きを見る
ニュースを読まねば
2010/09/27 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
菅政権は、ヤクザ大国・中国の恫喝に簡単に屈服する政権であることを世界に証明し、悪しき事例を残した。
弱腰の菅・仙谷政権を消滅させなければ、尖閣諸島はヤクザ中国に実効支配される可能性がある。
民主党政権には期待できないが、先手を打って尖閣諸島に海上保安庁から遠隔操作できる望遠の船舶監視カメラが4台付いた無人灯台を設置して日本の領土であることを明確にすることが望まれる。
中国が恫喝している謝罪・賠償を拒否するのは当たり前で誰でもできる。
中国船が日本の領海を侵犯したことに対する謝罪及び海上保安庁の巡視船を破損させたことに対する損害賠償を請求すべきであるが、弱腰民主党には全く期待はできない。
野党各党はそれぞれの立場で国会において徹底的に菅・仙谷政権を追及し、衆議院を解散に追い込んで頂きたい。
日本国のために、菅及び仙谷を含む民主党の全ての左傾議員を落選させることが望ましい。
ヤクザ国家・中国の恫喝
2010/09/27 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
【尖閣諸島問題】日中関係泥沼化か? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる