ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 『第1回松山自転車ワークショップ』って?

<<   作成日時 : 2010/11/01 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

なんか10月31日に『第1回松山自転車ワークショップ』などというものが行われたそうです。
主催は、『国土交通省四国地方整備局 松山河川国道事務所』。
事前に募集された、「市内の自転車愛好家ら約30人が市内中心部を実際に走行して自転車マップを作成した。」そうです。

 【松山市などが自転車環境考えるワークショップ】愛媛新聞 2010.10/31
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20101031/news20101031741.html

10月5日の発表
 【自転車に乗って地図を作ってみませんか?】記者発表資料(pdfファイル)
http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/pres/pres2010/pres/101005jitensyaws.pdf
 【第1回松山自転車ワークショップ参加者募集!】(pdfファイル)
http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/new/jitensyaws/jitensyawsbosyu.pdf

松山河川国道事務所
http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/

「お城を囲む形で形成されている道路について、自転車専用道等の整備を推進中。」だそうで
区間は、勝山通り、平和通り、本町通り(西堀端)、堀の内、花園通り、千舟通りという、お城をぐるっと回るルートです。

10月9日に先行して調査対象エリアの一部を試走した(らしい)、「松山自転車研究会」という組織も得体が知れず・・・
検索してもヒットしません。
唯一の情報は上掲のPDFファイル内に記されている情報のみ・・・。
 --------
 7ページ
 『(2) 松山自転車研究会について』
 設立趣旨
 本市は、全国でも有数の自転車利用の多い都市である反面、安全面を含めた自転車利用
 環境や利用者のマナーなどについての課題も多く、今後、さらなる自転車利用促進を図る
 ためには、様々な方に共通の認識を持っていただくことが重要であると考えられることか
 ら、行政関係者やNPO 等の有志による「自転車研究会」を設立し、利用環境やマナー向
 上に向けた課題や方法等について検討を行っています。
 【メンバー】
 ・学識経験者
 ・行政(四国地方整備局松山河川国道事務所、愛媛県、愛媛県警、松山市)
 ・NPO(まちづくり支援えひめ)
 ・その他(大学生、自転車店主ほか)』
 --------
・・・内輪で組織された、「上から目線」の組織のように見えます・・・。

なんか、ニュースや募集要項を見た限りでも、自転車愛好家や道路交通の専門家による視点での検証が行われたというだけで、一般の自転車利用者や歩行者の視点では検証されていないように見受けられます。

松山河川国道事務所といえば、我がブログでも2年半前に扱っていました。
 参考→【【松山市永木交差点】年度末恒例道路工事に異変!?】2008/03/04
http://higemegane.at.webry.info/200803/article_2.html

この税金の無駄遣い撤廃が叫ばれる昨今、次から次へと素晴らしいアイディアで、そんな気持ちを煙に巻く手腕には脱帽です。

・・・・・・
以下、対象区間について私の雑感を・・・

勝山通りは路肩も広いが歩道も広く、歩道を暴走する自転車が後を絶ちません。
車道に出ても駐車車両によって大変危険な区間となっております。
私自身も接触事故を起こし「当てられ逃げられ」をされた経験があります。

平和通りは歩道を車道側に拡張し、自転車道を設けていますが、擦れ違いや併走が困難な狭隘さのため歩道や車道に押し出される自転車が続出する大変危険な道です。
つい最近も車道を走行していた自転車がよそ見運転のトラックに磨り潰される死亡事故が起こっています。
また、拡張された自転車道のため路肩が無いために駐車車両は歩道に乗り上げて駐車する傾向が顕著です。
一部店舗等の前では自転車道が事実上の自転車置き場になっています。

本町通りの対象区間は、路肩も広いが歩道も広く、歩行者数も特別多い区間でもなく、歩道を自歩道に設定さえすれば自転車レーンの必要性を特に感じない区間です。
今年の初めに「自転車レーン社会実験」が行われましたが、一度設置されたレーンが実験期間が終了と同時に撤去されたり、税金の無駄遣い以外の何ものでもありません。
 参考→【【最低】松山で自転車レーン実験【最悪】】2010/01/06
http://higemegane.at.webry.info/201001/article_2.html

堀の内の西堀端から花園通りに抜ける区間は、一番町通りの県庁方面に抜ける方が理に適っているルートで、何故花園町方面に抜けさせるのか意味不明です。
対象区間は、広々した公園内にありながら、路肩も狭く自転車には非常に走りにくい道になっています。

花園通りには歴史的由来が良く分からない不思議なお城の塀っぽい分離帯で仕切られた広大な路肩があり、自転車レーンとして設定する事には無理がありませんが、松山市駅へと近付くにつれて単なる駅前駐輪場と化して通行不能になっていきます。

千舟通りは道自体が狭く、真っ直ぐ空港に繋がる等の理由で交通量も非常に多い上、商業施設の密集地域であり、自歩道上に設けられた自転車レーンはアイコンの意匠も非常に悪く、事実上の自転車置き場と化しています。
店舗ごとの自転車置き場も無いに等しい状況で路上駐輪は避けられない状況になっています。
歩車分離信号のタイミングを上手に縫えば、路肩走行で十分対応できる道ですが、路上駐車や渋滞により危険感が多く、多数ある交差点では「伊予の早曲がり」現象(直進より右折優先、または横断歩行者より左折が優先)も多々見受けられ大変危険な通りで、出来る限り避けて通る道です。

・・・
以上、挙げ連ねて見ましたが、実際の自転車利用者は代替ルートがある通りについては「1本隔てた道」をチャリンコハイウェイとして使用しているのが実態です。
我が家の前の生活道路を競技用ヘルメットかぶってロードレーサーで走り抜ける輩を見たときは驚天動地の驚きでした・・・。
生活道路での暴走や並走はより深刻な問題です。

あと総じて松山市街の道は歩道があっても、歩行者専用なのか自歩道なのかを示す標識の設置が非常に少なく、たまにしか走らない道では歩道を押して歩くか車道を走らざるを得ない状況になりがちです。

また歩行者専用道、いわゆるアーケード街では、銀天街から大街道に至る中央商店街のみ市役所や警察と結託して自転車走行禁止を謳っており、他のチャリンコハイウェイと化しているアーケード街との整合性が全く取れていません。如実に混乱の原因になっています。
またアーケード街の途中に自転車&バイク置き場を整備されたがために、歩行者専用道であるアーケード街を平気で走行するバイク(特に原付)が猛烈に増加しています。

あと、総じて、歩道が中途半端な道路や歩道の無い道路では歩行者や対向自転車回避のため、車道の右側走行をする自転車も多々見受けられ大変危険です。
テレビ等のマスコミが「自転車は車道走行が基本」と中途半端に伝えるようになってからより顕著になりました。
(軽車両(自転車)による車道の右側走行には最大懲役3ヶ月の大変重い罰則があります。)
どうしても右側を通りたい場合は降りて自転車を押して歩くか歩道上を徐行(時速5キロ以下)しなければなりません。
自転車や馬やリアカーなどの軽車両は車道の左側端を通りましょう。原付などバイクは路肩を走って軽車両の妨害を行わないようにしましょう。
なお、道路の制限速度に関わらず自転車では時速30キロ以上のスピードで事故を起こした場合、過失割合に関わるそうなので注意しましょう。

まあ、今回は河川『国道』事務所の取り組みだから、どうせ県道や市道や私道との連携は関係ないんだろうなぁ・・・
しょせん縦割り行政・・・

自転車マニアによるワークショップを行うより前に広く一般の意見を聞いて置くべきだったと思います。
今回のような事ばかりでは、結局予算獲得のための予算消化にしか思えません。


■追記がてらのアイディア:11/2
ヨーロッパのどこだかの国(スロベニアとか)では自転車道は道路の真ん中にあるんだってねぇ。
そこで思ったんだけど、松山の場合、市電を取っ払ったら実に楽に理想的な自転車レーンが作れそう・・・。
市内主要部を通っているし、環状線もあるし、信号なんかもマイナー改造でそのまま使えそうだし・・・。
従来の電停や歩道上の自転車レーンはそっくりそのまま自転車置き場に出来るし・・・。
だけど、自動車の交通量を減らす目的においては公共交通機関を犠牲にするのは無茶か・・・。
市電の走るすぐ隣のレーンとかは怖くて走りたくないしなぁ・・・。

アメリカでは路肩にパーキング・レーンがあって、その内側が自転車レーンだったりするらしいけど、道路が狭い所では無理かな・・。
それとも、自動車から自転車への転換が理想的に行われるなら可能かな・・。

ドイツじゃあ、街中の自転車専用レーンは歩行禁止で駐輪場以外への駐輪も違法だそうな・・。
日本じゃ、郊外型の自転車道は歩行者優先なんて無茶な状態だし・・・。

なんやかんやで降雨量が少なく自転車日和が日本一多い松山ならば全国に先駆けてなんらかの画期的な自転車中心都市への転換が非常にしやすいと思う今日この頃でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
松山でまた無茶な自転車社会実験
ふと千舟通りに自転車で行ってみたら、また社会実験と称してへんてこな自転車レーンが設けられていました。 ...続きを見る
ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳
2011/01/24 10:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『第1回松山自転車ワークショップ』って? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる