ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 松山でまた無茶な自転車社会実験

<<   作成日時 : 2011/01/24 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

ふと千舟通りに自転車で行ってみたら、また社会実験と称してへんてこな自転車レーンが設けられていました。

↓過去の実験について書いた記事
【【最低】松山で自転車レーン実験【最悪】】2010/01/06
http://higemegane.at.webry.info/201001/article_2.html

↓今回の実験の伏線と思われる事について書いた記事
【『第1回松山自転車ワークショップ』って?】2010/11/01
http://higemegane.at.webry.info/201011/article_1.html

↓そして新聞記事(写真も有り)
【車道に自転車通行帯 松山中心部で実験】 読売新聞 2011年1月24日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20110123-OYT8T00729.htm

今回の社会実験を行ったのは、国交省松山河川国道事務所や県、松山市、NPO、大学などで作る「松山自転車活用推進協議会」
相変わらず、検索しても正体不明の団体です。
今回の実験のために急遽仕立て上げたといったかんじでしょうか・・?

普段から何も考えずに車道を走っていた区間です。
なので早速、試しに自転車で通ってみました。
平日の正午ちょっと前の時間帯。
区間は千舟通りの『花園町交差点―大街道交番前交差点間の800メートル』および、花園町通りの『南堀端交差点―花園町交差点間300メートル』

大街道交差点を起点で走り始めます。
緑のペイントが縞模様になっていて、デコボコデコボコ、スピードを出させまいとするためか?車道側にわざと出させようとするためか・・・?
違法駐車は普段どおり、市駅に折れる角の手前までで5台程度の駐車車両を車道側に出る形でパスします。
赤信号で自動車が列をなして停車すると自動車の左側車輪は当然、緑色の自転車レーンの上に・・・。
接触しそうになりながらスクランブル交差点へ。

途中、市駅へ折れる角の手前で警備員さんに強引に歩道に乗せられ、左折。
横断歩道を渡って再び千舟通りへ。
車道の自転車レーンは無くなり、花園町交差点まで歩道の徐行を余儀なくされる。

そして花園町交差点を2段階右折して側道の自転車レーンへ。
対向する逆走自転車もちらほら。
またしても南堀端へと折れる手前で強制的に歩道に上げられる。
松山有数の自転車と歩行者接触事故多発のボトルネック歩道を左折。
以下、横断歩道を渡って堀の内公園内へ、というのが今後の予定ルート。

今度は逆向きに。
花園町通りから千舟通りへ左折。ちなみにここを直進すると側道は駅前自転車置き場と化して走行不能。
順調に続くかと思えた自転車レーンは、またしても市駅へと折れる手前で強制的に歩道に乗せられ徐行。

再び車道に躍り出て数多の自動車との接触を予感しながらのデコボコレーンを走行。
大街道の南側入り口の手前で緑色のシマシマ自転車レーンは終了〜♪
いったい、この先はどう走ればいいんだい?とちょいと悩む・・・。

そして、あちこちに立てられた今回の社会実験を知らせる看板。
車道上は一方通行、歩道上は徐行。などと書かれています。

徐行ってなんだ?と思う人も多いのでは・・・?

そして自動車利用者に対する掲示は、私が見た限りどこにも無し。

千舟通り沿いの歩道上の元来の自転車レーンは、心なしか駐輪場の度合いを強めたように見受けられました。
ますます歩道は走りにくくなったかも・・・。

・・・
はっきりいって、全ての自転車利用者がこのルートを使うとなれば、混雑時間帯はものすごく危険。
特に交通規則を無視する事が当然と信じて疑わない原付が危険な存在。

もう、歩行者の安全のためなんて言ってる時点で、自転車は産まれながらの悪者あつかい・・・。
どうせ今回の実験が終わる2月20日を過ぎれば、今回描いた自転車レーンも消すんだろうし、予算の無駄遣い。
はっきりいって、やる事なすことトンチンカン。
予算の消化のためでしかない気配があるものの、明らかに事故を増やそうとしてるわけだから、自転車乗りにたいする悪意すら感じます。

だいたい車道の横に自転車レーンを設置するなら分かるけど、車道の上に自転車レーンを設置するというのが訳分からん。
この実験が原因で怪我人や死者が出た場合の責任はどこが取るのだろう・・
死亡事故を前提としたとてつもなく前近代的な実験と言わざるを得ません。
戦時中の人体実験のよう・・・。

やはり松山では自転車は最低の駆除されるべき存在のようです。
時代の流れに逆行するビバ松山〜♪サイコー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『自転車通行指導帯』その後
前記事、【『自転車通行指導帯』というらしい。】の続編です。 その後、通行量をカウントする様子もありましたが、通勤中や昼間など、一度もこのゾーンを自転車で走ってる人を見かけていません。大半の人が歩道を走っています。 前回の写真はビルの上から写しましたが、今回は道路からの写真。 かなり車道が圧迫されてますし、その脇を自転車で走ってみようとは、自分だったら危険を感じて思いません。 自転車で歩道を走っている方に、通ってみて感想を聞かせてください!と誘導する様子もなく、はたして実験は順調なんでしょうか!?... ...続きを見る
エゴみたBlog
2011/01/30 16:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の国土交通省や警察庁の施策はかなりおかしな方向に走り始めています。
政府が無策なのを良いことに役所が勝手をやり始めているとしたら、18年前の
「政権交代」の二の舞になって、日本の回復まで十年単位を要すと思います。
http://asu-ho.jimdo.com/ニュースへのコメント/
シライ
2011/10/26 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
松山でまた無茶な自転車社会実験 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる