ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【福島第一】正体不明の原発作業員:被曝労働の実態

<<   作成日時 : 2011/06/21 11:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

------↓
【東日本大震災:福島第1原発事故 東電被ばく検査、作業員30人特定できず】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110621ddm041040085000c.html

『3月中に従事した約3700人のうち30人前後の下請け作業員の身元が特定できていないと発表した。東電が線量計の貸し出し台帳に記載された作業員名を協力企業に照会したところ「そのような社員はいない」との回答だったという。』
------↑

------↓
【東電ずさん労務管理…作業員69人連絡とれず】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110621-OYT1T00192.htm

『 東京電力が福島第一原発で3月中に作業をした作業員を対象に行った被曝(ひばく)量調査では、未調査の作業員125人のうち69人といまだに連絡が取れないなど、ずさんな労務管理も浮かび上がった。』
------↑

これは、「特定できない」とか、「連絡付かない」とかいうレベルじゃなくて、まさに「正体不明」

------↓
【原発労働者 被ばくの実態】KTV スーパーニュースアンカー
http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2011_05_23.html#02

日雇い労働者、特攻隊、人海戦術、鳴き殺し・・・
『原発で働く人が浴びる放射線量のうち、96%が下請け労働者のもの』
『紹介するだけで1万円くれた。』
『文部科学省の調査では1999年までに放射線業務に従事した27万人のうち、6万5000人の居所がつかめず、生死もわからない』

【被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態】Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=FQ4rOKxRCsU
------↑

『鳴き殺し』=線量計のアラームがピーピー鳴っては仕事にならないので、作業中は低線量作業をする人に預ける。

『原子力発電所は13ヵ月運転すると、およそ3ヵ月運転を止めて、定期検査をします。1基につき3000人から4000人の労働者を必要とします。』

日本には現在54基の原発があるので、16ヶ月につき3ヶ月は定期検査、ということは、
1年あたり約40基の原発が定期検査されると言う事になります。
1基あたり3000人から4000人の労働者が必要と言うのですから、年間12万人から16万人もの原発労働者が必要であり、それだけの人数がなんだかんだで現在の日本で供給され続けているのです。

------↓
【原発点検労働者の実態:樋口健二】Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=AH173sC5Dds

『被曝線量が多すぎて下請け業者が全部書き換えた』
『被曝労働者数50万人』
『失業率の高い沖縄では短期で高収入の原発が格好の出稼ぎ先』
『手取りは最低35万円、残業すると40万円』
『6年間原発の作業をするうちにみるみる体力が落ち、手足は異常に冷たくなった。鼻血が多くなり顔が腫れ上がった』
------↑


・・・・・・・・・・
ここからは、非常に無責任な妄想を含んだ推測です。ご留意ください。

線量が規定の値を超えればお役御免になっちゃうので線量計の取り扱いに「鳴き殺し」などのトリックが横行。
または、未経験者のふりをすれば、被曝線量を0にリセットしてまた高給な作業が可能。
そりゃあ、目に見えない健康被害より、目先の利益が重大な状況ならやっちゃうなぁ・・・。
そういう作業者も多かれ少なかれ紛れ込んでいなければ、年間16万人もの作業員が捻出できるような気がしない・・。

更に暴力団などによる貧困ビジネスのサイクルに組み込まれているという気がします。
住所不定な浮浪者にしてみれば日給1万円でもかなりの高給。
一説には本来ならば日給3万5千円とか貰えるところが、各種ピンハネされて1万円程度になるとかならないとか・・・。
(追記:電力会社側は作業員1人につき7万円払っているそうです。)

目先の利益に釣られて原発作業員を続ける人々には、放射線の怖さなんてそうそう詳しく分からない。
原発作業員をするにあたっては偽名を使い、被曝線量を改竄すれば、複数の原発を渡り歩き、延々稼ぎ続けられる。
当然、規制値を遥かに超えた被曝。

そして行き着く先は、悪性リンパ腫や白血病などの各種放射線症。
労災申請や賠償金を請求してあげて、ここでも一儲け。

そういった病気になれば、生活保護もスムーズに受給可能。
今まで橋の下や段ボールハウスで暮らしていた住所不定者にしてみれば、家賃1万円のアパートでも万々歳。
死なない程度の最低限の食事と治療だけ与えて、残りはピンハネ・・・。

死んだら、生前(おそらく原発に行く前)にかけていた生命保険などを受け取って終了・・・。
(あっ、だけど、生命保険と生活保護って両立できないか!?)

(以上の妄想は、青木雄二系列の『ナニワ金融道』、『極悪がんぼ』、『カバチタレ』等の漫画や、今まで目にした住所不定者や生活保護者の観察を通して無責任に想像した事であり、完全にフィクションです。決して参考にしたりしないでください。)


↓以下は参考に↓
知られざる原発被曝労働 ある青年の死を追って
これが原発だ カメラがとらえた被曝者 樋口健二
原発 1973年〜1995年 樋口健二
原発被曝列島 樋口健二
原発ジプシ-増補改訂版 被曝下請け労働者の記録
貧困ビジネス 門倉貴史



闇に消される原発被曝者
御茶の水書房
樋口 健二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇に消される原発被曝者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



追記:2011.07/14
【福島第1原発:作業員132人の身元特定できず】毎日.jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110714k0000m040094000c.html
『東京電力福島第1原発の復旧作業に従事した作業員を対象に東電が進めている被ばく線量検査で厚生労働省は13日、3〜4月に作業に従事した協力会社などの作業員のうち132人の身元が特定できていないと発表した。』
『身元不明者とは別に、約290人の作業員について協力会社から連絡がなく、検査実施の見通しが立っていない』

検査したら不正な放射線管理とか不正な渡りがばれちゃうからかなぁ、などとついつい勘繰ってしまいます・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【福島第一】正体不明の原発作業員:被曝労働の実態 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる