ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画感想】『100,000年後の安全』

<<   作成日時 : 2011/07/01 15:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

なんだか凄い気になる映画だったので、近所の映画館に見に行ってしまいました。
ああ、映画館って何年ぶりだろう・・・。

以下、ネタバレ注意!

フィンランドのオルキルオトという所にあるオンカロと呼ばれる高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設現場。
18億年間変動が無い岩盤と言う事で建設地に選ばれた。
螺旋状に地下深くへと続くトンネル。完成は22世紀の予定。
幾重もの厳重な囲いで保管された高レベル放射性廃棄物は10万年後まで安全にならない。

全世界では、現在25万トンの高レベル放射性廃棄物が行き場を求めていて、なおも増加し続けている。

この永久地層処分場。密閉後は完全に自己完結する建造物。要するに人間の管理を必要としない。

”近付きさえしなければ完全に安全”

そこで疑問となるのが、10万年の永きに渡って未来の人類が近付かないようにするにはどうしたら良いか?

―放射線検知器や化学分析で危険な事に気が付くさ
―そんな技術が無かったら?
―そんな技術も無いなら掘れないさ

しかし16世紀にはスウェーデンで坑道を深く掘る技術は既にあった・・

―国連標準の6ヶ国語で書かれた標識を建て、さらに地下に必要な情報を納めた文書庫を作る

ルーン石碑の例のように、考古学者が過去からの警告文を見たからといって発掘を止める事があるか?

―絵で示す?

本当に理解できるのか?
かえって宝が埋まっていると思われないか?

―忘れ去らせる

本当に10万年も誰も気が付かないのか?

―恒久的に語り継ぐ

100年後の社会状況はおおよそ予測できたとしても、300年、500年後はどうか?

10万年前のネアンデルタール人が現代人へ残したメッセージの意味を理解できるか?

6万年後に予想される氷河期を乗り切れるのか?

・・・・
処分場建設の様子の映像とインタビュー映像を交え、10万年後のあなたへの問いかけは続きます。

--------

以上、うろ覚え御免
以下、感想

人類は火によって栄え、新しい火によって滅びるのか?

どうにも絶望的な気分になりました・・・。
地下の巨大都市のような大規模なオンカロ処分場は、フィンランド1国(原発は4基、建設中と計画中を合わせて計6基)で出た放射性廃棄物を処分するだけに過ぎません。
(処分場へと降りていくトンネルは総延長4km以上、深さは地上から400m以上、そこから更に数キロ四方に支道を掘り廃棄物を埋めます。)
つまり、行く行くはこれを超える規模の処分場が世界中に建設されなければならない。
10万年も地震や火山の影響を受けない所なんて日本にはどこを探してもあるような気がしません・・。

地下水が溜まって地上にあふれたら・・?
そこまで強固な岩盤なら未来の人も同じような利用を考えないか・・?
掘った穴とそれを埋めたコンクリートが原因で侵食されないか?
隕石が衝突したら・・?

映画でも語られなかったような危機的状況はいくらでも考えられます。

更に映画では10万年という数字にこだわっていましたが、核反応で生成される物質の中には数億年も安全なレベルにならない放射性同位体もあるそうです。

放射性物質を無害化する技術も研究されていますが、膨大な核廃棄物を処理しきれるものでは無いらしい・・。(日本ではオメガ計画などか・・?)
何より処理中の漏洩事故やテロ被害、核兵器への転用などのリスクが最も小さいのが様々な核廃棄物が混ざった状態での地層処分だとか・・。

結局、地層処分を考えて実行している人達は現世しか考えていないような印象を抱いてしまいます。
後世にツケを残す上では最善の方法なのかも知れないけど・・・。

----
こうなりゃ、日本が世界に先駆けて研究に着手したオメガ計画を本気で進めなけりゃ〜!
核種変換とか、加速器駆動未臨界炉とか・・・、
実現すれば10万年かかる無害化が最長でも500年になるとかなんとか・・。
頑張れ東海村の大強度陽子加速器J-PARC!

極端に言えば、9万9千499年も研究開発に費やせる時間がある・・!?

研究を進めていけば更に画期的な無害化や処理技術だって生まれるかもしれないし・・。
イスカンダルのコスモクリーナーのような代物だって作れるかも・・・!??(by宇宙戦艦ヤマト)

そういえば、映画の中でも、最も理想的な処理方法は、ロケットで太陽に打ち込む事だって言ってたなぁ・・・。
こりゃあ、安全確実100%のロケットを開発したほうが安上がりだったりして・・・。
または、放射化覚悟で軌道エレベーターを使用するか?

さらにSF的に突拍子もない事を考えれば・・・、汚染されきった地球ごと太陽に突っ込ませるとか・・・。
・・・しまった。本末転倒でした・・・。

地球上の生命まるごと他の星に移住するとか・・・
遺伝子改造で自己修復性を高めて放射能に強くするとか・・・
放射線なんて怖くないって思い込むようにするとか・・・
放射線を避けて地底都市に住むとか・・・
そんでもって、都市を拡張してたら地層処分場にぶち当たって・・・
・・・
ああ!だめだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜




100,000年後の安全 パンフレット(楽天ブックス)
↑これ、普通の映画のパンフレットと思ったら大間違い!映画のシナリオ全部が載っていたり、濃ゆい著名人や専門家の解説もたくさん、舞台となった最終処分場の説明や、世界や日本の放射性廃棄物の現状なども基礎知識として分かりやすく解説されていて、非常にお勧めです。
近所で上映されない人やDVDが待ちきれない人、必読です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画感想】『100,000年後の安全』 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる