ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ムクドリのヒナを救え!!!

<<   作成日時 : 2015/06/08 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ムクドリによる鳥害でお困りの方は気分を害されるかもしれません。

ある地方都市の中心部から少し離れたところ。
分譲マンションが林立した地域。
ある分譲マンションの前の鉄骨製の機械式立体駐車場が舞台。
毎年のようにムクドリが巣を作るのは、その立体駐車場の機械部分に開いた直系5センチほどの穴の中。
今年も5月になると、どこからともなくやってきたムクドリが巣を作り、卵を産み、雛を育てる。
近所に住む、日中ヒマなお父さんと、その7歳になる娘は、毎日エサを運ぶ親鳥を眺めながら巣立ちの日を楽しみに。

6月6日土曜日朝。
妙に親鳥が騒ぐので、ふと見ると、巣の入り口には布製のガムテープがべったりと貼られ、周囲を騒ぎながら飛び回る親鳥。
金曜日に立体駐車場のメンテナンスがあって、穴が塞がれた模様。
位置は3段ある立体駐車場最上部で、とても素人にどうにかできる位置ではない。
これはいかんと思って、マンションの建設会社に連絡。
はい分かりましたという返事。

翌日の日曜日。
夕方になっても状況は変わらない上、半ばあきらめかけていた雛鳥の生存を確認。
どうやら5センチの穴の他に開いている2センチほどの穴から顔を出して親鳥からエサをもらっている模様。
でも、このままでは巣立ちは絶対に不可能。
このままでは生き殺し状態。
再び建設会社に連絡。
そういう話は管理会社の方に言ってくれ。
昨日の電話は何だったの?と思いながらも管理会社に連絡。
日曜日は営業していませんの留守録メッセージ・・・。
緊急の場合は、緊急コールセンターへという案内。
緊急コールセンターへ電話。
対応は月曜日以降になりますというそっけも無い対応。
なんとなく鼻で笑われたような対応。

月曜日。
午後から荒れ気味の天候が予想される曇りがちな日。
午前中に雛の生存は確認。
メンテナンス会社の人と思われる車がマンション駐車場に停まっているので、ちょっとほっとする。
でも午後になってもガムテープは貼られたまま。
どうにかならないものかと県庁の自然保護課へ電話。
こちらからはどうにも出来ないので、管理会社と掛け合ってくださいとの返答。
再び管理会社に連絡。
住民の自治会の了承を得て塞いだとの返答。
このままだと雛鳥が死んで腐って臭くなると伝える。(県庁からのアドバイス)
巣立ちを確認してから塞いだつもりでしたとの回答。
いいやヒナが中にいる。
じゃあなんとかしますとの事。

午後5時
何の変化も無いので、管理人室へ。
メンテナンス会社のマークの付いたジャンパーを着た管理人さんが対応。
鳥の巣の事で・・・、と言った途端に表情を一変させ、しつこいといわんばかりの喧嘩腰の対応。
どうやら、他の近隣の家庭からも同様の苦情があった事も不機嫌の理由の模様。
巣穴を塞ぐ事は、マンション住民からの糞害等の苦情を受けた上で、理事会で議決されたもの。
お金もかかる事なので、理事会を招集して議決が無ければ何も出来ないとの回答。
とにかく伝えておきますの一点張り。
明らかにメンテナンス会社の巣立ちの誤認によるミスなので、お金がかかるというのもおかしな話・・・。
管理人も同じメンテナンス会社の人なので、利益を優先する意味では仕方がないか・・。
どうにも絶望的な状況です。
今にウジが降ってカラスが騒ぐ事にでもならないかと心配。

結局は、のらりくらりとかわして何もしないというのが最初からの結論のように思えるのでありました。

6月9日火曜日。
朝、昨日より降り続く雨で気温は低め。
雛の生存は確認できず。
親鳥は、少々離れた場所に佇む様子。
午前10時、雨は上がり雛の生存を確認。
なんとなく親鳥は距離を置き気味。
巣立ちさせようとしているのか、あきらめかけているのか・・・?
午後、買い物から帰宅すると近隣の人も気にしている様子。

6月10日水曜日。
天気は晴れ、朝は親鳥も雛鳥も見えず。テープは貼られたまま。
午前9時から9時30分の間、テープが剥がされる。
親鳥らしき2羽はたまに近くに来るものの、巣穴からの反応は無し。
巣立ったか?お亡くなりになられたか、人の気配に警戒しているか?
例年なら、巣立ち直後は巣の近くで親子で羽根を休める姿が数日観察されるが・・・。
午後3時、近くの緑地公園を通るとムクドリが群れている模様。
他のムクドリは巣立ちが終わったか・・。

6月11日木曜日。
未明より冷たい雨。
明日の未明まで降り続ける予報。




県庁の話や鳥獣保護法について調べたところをまとめると、
卵やヒナのいる巣の撤去には知事の許可が必要。
ムクドリは狩猟対象で保護の対象にならない。
鳥獣保護法は、狩猟対象外の鳥獣の飼育や捕獲を禁じるもので、人為的に生き殺しにするのは構わない。

ちなみに、そのマンションの近隣には、「日照を返せ」とか、「○○建設の横暴を許すな」的な手書き看板を掲げた家なども少なくなく、近隣住民と喧嘩腰な対応になる原因になっているものと推察。
常に違法すれすれの土地取得でマンションを建設しているとかで、評判はすこぶる悪い(反対派の意見)ですが、一戸あたりの価格は上レベルで賃貸運用も無さそうで、住民のレベルはそれなりに高い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムクドリのヒナを救え!!! ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる