ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛南町須ノ川のサンゴが産卵!?

<<   作成日時 : 2017/08/21 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の8月20日、たまたま愛南町の須ノ川公園でシュノーケリングした時のお話。
天気は快晴、海もおだやか透明度もばっちり、名物のサンゴもお魚達も良く見える最高のコンディション。
最初は、なんとなく海面に漂う白いねばねばした物体が気になる程度。
シュノーケリングをちょいと楽しんで休憩に上がると、前髪やライフジャケットに粘りつく白い物体。
小1時間も経過した頃にふと気が付くと、1本目では気にならなかった赤っぽい細かい粒々が大量に海中から海面近くを漂っている感じ、海面をふと見ると、海面には赤潮のように赤い粒々とその白いねばねばが絡み合ったものが所々に浮いている状態。
海から上がるときに、どんなに海面をかき分けても体に付着するうえ、ものすごい生臭い。
蒸し暑い日に丸一日お刺身盛り合わせの上で寝てたみたいな感じの匂い・・・。主にイカ??
その夜、お風呂に入ってしっかり洗っても、なんとなく鼻の奥に残る生臭さ&シュノーケルやライフジャケットなどにも水洗い後にも残る生臭さ。

そういえば、サンゴの産卵を見るためにダイビングすると、ウエットスーツから何から、すごく臭くなると聞いた覚えが・・・。
まさかサンゴが産卵でもしたんじゃないかと検索してみたら、5年前のニュース記事で8月19日の午後8時過ぎに愛南町須ノ川沖でサンゴの産卵があったなんて記事を発見。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120820/news20120820476.html
2009年以降、『旧暦の7月上旬か8月上旬の新月ごろ、午後9時半から同10時半の引き潮の時間帯』に産卵が確認されているそうです。

通常、サンゴの産卵と言えば、夜に行われるというイメージ。前夜に産まれたのかな・・・?でも、昨日のことを思い出してみても、シュノーケリングをしているわずか2時間程度の間に昼日中に産まれたような気もする・・・。

海面に浮かぶ卵の様子もそっくり・・・。
http://online.divers.ne.jp/uzu/bonin/uzu12.html
↑このページの1枚目の画像の規模をかなり薄くした感じ・・・。

潮の干満は、近くの宇和島のデータで、日の出(5:36AM)と同時に満潮186センチで、正午が干潮26センチ、日の入り(6:50PM)と同時にまた満潮218センチという日。
月齢は27.7で中潮、旧暦では6月29日、新月で大潮の2日前。シュノーケリングしてた時刻は午前8時半から10時半くらいまでといった感じでした。
シュノーケリングによる海面からの観察のため、サンゴに近接する事は出来ない上、度付きマスクでもそんなに度が合ってなく・・・、本当にサンゴの仕業なのか、その時に産んだのか、前日や前々日に産まれた卵がまだ漂っていたのかは謎・・・。
まあ、もし本当にサンゴの産卵に(たとえ痕跡であっても)立ち会えるというのは、ちょっとダイバー歴もある身としてはとっても嬉しい事ですので、これはサンゴの産卵の瞬間に立ち会えたのだと信じる事にするのでありましたー。

画像

いろいろ撮った中で、それらしいピンクの粒々の確認できる画像を1枚。撮影時刻は午前9時30分。某海水に耐えるスマホで撮影なので質はそんなに良くないっす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛南町須ノ川のサンゴが産卵!? ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる