ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS こりゃ凄すぎる!「中村孝明包丁6点セット」

<<   作成日時 : 2005/10/12 16:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
結局、購入してしまったのである。
スタンプシールが10枚たまったので、思わず・・・

発端の詳細はこちら


なぜ買ってしまったのだろうか・・・
あれほど検証した結果、家にはもう包丁は要らないと結論を出したはずなのに・・・
いや、これは他の者に恩恵を与えるこの記事を書くために購入したのだ・・・


こうなった上は、徹底検証をせねばなるまい・・

まず、段ボール箱のパッケージ記載内容を検証。

まず、短辺の側面に
『中村孝明 包丁&キッチンバサミ6点セット』とある。

そして表面上部には、
『世界の料理人 中村孝明 旬を味わう…。 食を究める…。』
 「和の鉄人」という語句は巧みに置き換えられ、今や和食は世界の食だと言わんばかりの日本人にとって実に清々しい語句になっている。
 サインと共に載っている中村孝明氏の写真には、菜切り包丁と思われる包丁で大根をカツラ剥きをしている様子が写し出されている。内容と一致しない・・・。
 明らかに写真はイメージであるにも関わらず、「写真はイメージです」のような記載は一切見当たらない。
 肖像権を考慮すると、当然中村孝明本人もしくはブランド管理者から許可を得ている事であろうと思われる。
 何よりも「中村孝明も認めた」「推奨」「おすすめ」といった語句がどこを探しても見つからない。
 実に奥ゆかしく、中村孝明の名前と写真は存在するのである。

続いて、
『オールステンレス製なので、サビにくく、お手入れ簡単で衛生的。』とある。
 ステンレス一体成型ではない。オールステンレスである。
 私のようなキッチン道具に中途半端にのめり込んでいる人は気をつけなばなるまい・・・
 実際に包丁を手に取って見ると、ステンレス製の刃の柄の中に入る部分「なかご」をステンレス製の柄で挟み、接合部分をデザインも兼ねて何らかの黒い樹脂で埋めてある。
 キッチンバサミも持ち手の部分に同様の樹脂が使われている。クッションかな・・
 まったくもって、柄までオールステンレスという訳では無い。
 今までオールステンレス包丁というものは、一体成型により柄との接合部に隙間が生じない形状になる事により汚れや水分が付着しづらい事によって、錆びにくく長持ちするものだと思っていた。
 どうやら今回の包丁を見ると、汚れや水分がしっかり付着して洗いづらくなるであろう隙間が、柄の付け根部分に明らかに存在し、どう「お手入れ簡単」で「衛生的」なのか、使っていないので今のところ分からない。きっとオールステンレスが発する強力抗菌作用か何か、私が不勉強な要素があるに違いない。
 「オールステンレス」という言葉は、刃先がハガネでは無くステンレスだよという意味に使われるのだろうか・・・

『あなたのお料理をサポートする。』
『オールステンレス 包丁&キッチンバサミ6点セット』
『ペティナイフ』『トマトナイフ』『万能包丁』
『牛刀包丁』『パン切り包丁』『キッチンバサミ』 

 間違い無く、洋包丁セットである。
 和の鉄人中村孝明も洋包丁のイメージキャラか〜、と、しみじみと思う秋の夕暮れ・・・

『万能包丁は、リブ付きなので切ったものがスムーズにはがれます』
 きゅうりの輪切りも、どっか行っちゃわない、秋葉原デパート前でおなじみのあれである。
 包丁の右側に出っ張りがあり、逆面の左側はへこんでいる。
 完全に右利きに特化している事が判明する。
 ためしに胡瓜を切るような仕草をしてみると、へこみが指の関節に当たり実に不思議で爽快なクリック感がもたらされる。結構鋭角なので、皮膚が軟弱な私にはキャベツ4分の1くらい千切りにしたら血が出そうな勢いすら感じられる。指の外側の皮膚が鍛えられる事間違いない。
 鉄人の手があなたのものに・・・!


続いてパッケージ裏面を見る。
月並みの取り扱いの注意事項、研ぎ方、セット内容などが書かれ、
・品質表示
 包丁/刀身:ステンレス刃物鋼
       柄:ステンレス鋼
 キッチンバサミ/本体:ステンレス刃物鋼
          樹脂部:ゴム
となっている。
きちんと刃物用のステンレス鋼を使っている。

そして、
『MADE IN CHINA』
 まあ、1,600円という価格でこの内容である。最近侮れない中国製品だけに、期待を失わせるには至らない。

「商品についてのお問い合わせ先」として新潟県燕市にある会社名とフリーコールナンバーが記されている。
 さすが太陽系随一の刃物処の燕市だ。他国製のものとはいえサポートは万全だ。。


さてさて、気になる中身である。
白木の箱に(松材?)スライドオープン式のアクリル板。模造紙のような薄紙の下に、表面を起毛処理されたプラスティックトレイに綺麗に収まる6点セット。

全ての包丁、ハサミには中村孝明の文字と落款、そして"STAINLESS STEEL"の文字が刻印されている。
 決してモリブデン・バナジウム鋼などといった最新素材の気配は無い。
 その刀身は、控えめな光沢を放ち、電動グラインダーで刻まれたかのような幾何学的な刃紋は、どんな古今東西の名刀にも及ばない近代美の粋がほとばしり出る。
 手に取って見る。
 まるで重さを感じない。羽根ペンでも手にしているかのような軽快感。天にも昇る気分とはこういう感覚を言うのかもしれない。
 柄を強く握り締め刃先を板に押し付けて、しならしてみる。
 なんと!柄が鳴くでは無いか!!どこからともなく聞こえる小鳥の囀り。
 かつて妖刀、魔刀と呼ばれた名刀の中には敵の殺気を察知するや小鳥の囀るが如く鳴くものがあったという。
 道具の声を聞くというのは、こういう事なのかもしれない。

 切れ味を見る。
 爪の甲に刃を立てて見る。実に良い切れ味。危うく爪のみならず肉まで切れるかと思う位だ。
 新品はこんなものと思うかも知れないが、中村孝明のお墨付き包丁である。この切れ味はほぼ永久に続くに違いない。

 わずか1,600円で手に入れたものにも関わらず、ハサミ抜きの5点セットですらネットオークションで時に倍以上の値段が付くのもうなずける一品だ。


これだけの包丁は、使うのがもったいないという表現が最も適切であろうか。
第一、プロでも無い私にはとても使いこなせるようには思えない。
これは押入れに終生大切にしまって置かねばなるまい。
誰か大切な人に贈る、その日まで・・・。



↓5本セットですが・・・↓
中村孝明オールステンレス高級包丁5本セット

安いです
中村孝明 オールステンレス高級包丁5本組
中村孝明 オールステンレス高級包丁5本組

1本で充分なら
オールステンレス高級万能包丁<中村孝明>NK-66ST
オールステンレス高級万能包丁<中村孝明>NK-66ST

お料理をサポート!■中村孝明オールステン高級包丁■
お料理をサポート!■中村孝明オールステン高級包丁■

他にこんなのも・・、やたら安い〜
中村孝明包丁とキッチンバサミの5点セット
中村孝明包丁5点セット木箱入り

中村孝明の和食
中村孝明の和食

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こりゃ凄すぎる!「中村孝明包丁6点セット」 ダメ主夫 ひげメガネの雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる