9月入学に反対の理由。

新型コロナウィルスの世界的大流行によって続く休校の再開について、ここにきて9月入学案というものが少々脚光を浴びています。
ここで休校を解除して、土曜日も登校したり夏休みを大幅に減らして授業数を間に合わせるより、いっそ諸外国に倣って9月から新学年にしちゃえば万事解決という流れ。
地域格差を最低限にできるとか、受験の時期が大雪に左右されないとか、海外留学がしやすくなるなどの良い面が言われる一方、誕生日調整によるどこかで1.5倍増加問題とそれに伴う同学年分断問題や、会計年度との違い、新型コロナ対応で忙しい中の文科省をはじめとする各省庁への負担増、半年間新卒採用100万人減など、様々な問題点も指摘されています。

でも、
でも、
でも、
でも、♪
最も肝心な部分は、そこじゃないような気がするのです。
もし仮に、9月入学に舵を切って動き出した場合、世の中の自粛解除ムードが一気に9月に向けて動き出す事。
もし仮に、9月に新年度をスタートさせたとして、
もし仮に、そこでまた第〇波の大流行が襲って、
もし仮に、そこでまた休校になって、
もし仮に、そこで休耕期間が2月や3月までになったりした場合、じゃあ今度は4月入学に戻すのか?
もし仮に、9月になっても緊急事態宣言が継続されたままだった場合は?
もし仮に、6月くらいで早々経済活動が再開し始めたりした場合でも学校は休みのままなのか?

萩生田文部科学大臣が「選択肢のひとつ」としたのも、そのあたりの自粛の終わり方や時期に様々な想定のある中でのひとつだという意味だと思いました。
今回の9月入学希望論は、こんな終わりの見えない辛い自粛状態をどこか日付を決めて終わらせたいという夢のような妄想的願望が現れたものと見ます。
オリンピックの1年延期も同様。

出口が見えないときこそ人は希望を見出すことによってのみすくわれる。
でも、その希望の光が目前で消えたときに、前にも増して大きな絶望が襲う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント