テーマ:映画

【映画感想】救いようの無い映画3本。「ミスト」、「リミット」、「リセット」

凄い久々の記事です。 日中にテレビを流し見しなくなると、ネタが無くなるという、実にテレビ依存症だった自分を思います。 最近は、BSやCSで録った映画を見るくらい・・・。 そこで、最近見た救いようの無いオチの映画3本の感想など・・・。 「ミスト」 スティーブン・キング原作って、どうしても駄作映画が多いイメージで避けていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【映画感想】『100,000年後の安全』

なんだか凄い気になる映画だったので、近所の映画館に見に行ってしまいました。 ああ、映画館って何年ぶりだろう・・・。 以下、ネタバレ注意! フィンランドのオルキルオトという所にあるオンカロと呼ばれる高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場の建設現場。 18億年間変動が無い岩盤と言う事で建設地に選ばれた。 螺旋状に地下深くへと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】『妖精ファイター』

ラフプレイで相手の歯をへし折る事からトゥース・フェアリー(歯の妖精)の異名を持つアイスホッケー選手のデレクが、『妖精不信』の罪で妖精の国へ召還されて本当に歯の妖精になっちゃうというコメディ映画。 なんて感じのCS放送の番組説明に、例によってC級おバカ映画を想像して見てしまいました。 ところがどっこい、結構しっかりした感動コメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】『アバター』、『第9地区』、『2012』など

例によって、CSとかで最近見た映画の感想など・・・ ネタバレ注意! 【第9地区】 なんだか宇宙船が南アフリカのヨハネスブルク上空に居座って、中で飢えてた宇宙人が無理矢理地上に移住させられて・・・、という話から始まります。 『南アのアパルトヘイト(人種隔離政策)の実態を黒人を宇宙人に置き換えて痛切に皮肉った映画』、なんて気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「鉄板ニュース伝説」

まあ、ニュースとか、CMとかをパロディにした、いわゆる「おバカ映画」 オニオン・ニュースっていうパロディ・ニュース・サイトがあって、そこのニュースを映画にしたものらしい。 【The Onion】 http://www.theonion.com/ 日本で言えば報道ステーションとかニュース9のような90分もののニュース番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「プリンセスと魔法のキス」

最近、映画感想の記事を書き始めたら、おバカ映画ばっかり・・・。 久々に本来の趣味であるディズニーの正統派アニメ映画です。 DVD&Blu-rayの発売日に早速見てみました。 以下、ネタバレ注意。 「2004年公開の『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』以来の2D作品」との触れ込みだったけど、小物等の描写には普…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「紀元1年が、こんなんだったら!?」

なんかゴーストバスターズの監督でコメディアン多数出演というから、とんでもないおバカ映画を期待したけどさにあらず。 前半は、旧約聖書のパロディ満載という趣で、製作陣はどこのユダヤ人嫌いか、どこのキリスト教嫌いか?という展開。 ネット上のレビューを見漁ると、総じて「つまらない」だそうで・・・ だけど、やっぱりなんらかの宗教的配…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「プラネット・テラー in グラインドハウス」

さあ、このブログの記事中で最も人気の無い映画感想を懲りずに書くよー。 今回はロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー in グラインドハウス」 まず、なにより、劇中予告編の「マチェーテ」(マシェーテ)が早く見てぇ~~~!! 往時のB級スプラッタ・ムービーの雰囲気を見事なまでに再現した名作。 一見古~い映画に見えるけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「ほぼ300<スリーハンドレッド>」

映画「300」をベースにいろいろパロディ満載のおバカ映画。 くどいギャグ。しつこい構成。 なんか妙に長くていらない感じのエンディングが一番笑えたりして・・・ 「スパイダー・マン」、「シュレック」など、記憶に新しい有名どころの映画のパロディ満載。 ドラマでも、日本でも有名な「アグリーベティ」とか「ヒーローズ」とかのパロディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「奇跡のシンフォニー」・・残涙感

奇跡のシンフォニーとかいう映画を見てみました。 孤児院育ちで全ての聞く音が音楽に聞こえるという天性の音楽の才能を持った少年が音楽と出会うことにより、ともに音楽家である父母との出会いを目指すというお話。 以下、ネタバレ注意。 基本的には予定調和。予想のつくオチ。 生まれて初めてギターという楽器と触れ、自由に演奏したのが素晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画感想】 「天使と悪魔」 「第五惑星」 「26世紀青年」

最近、オンラインゲームにもやや飽きて、時間があいたので、定期的にCS放送で録り溜めた映画を見る機会が増えました。 なので最近見た印象に残る作品の簡単な感想など・・・ ちょいちょいネタバレですので、まだ見ていない人は注意してください。 ■「天使と悪魔」 Angels & Demons 138分 2009年 アメリカ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

裕木奈江、女優復帰でハリウッド進出!

女優の裕木奈江さんがクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」で復帰するそうです。 詳しくはこちら→日刊スポーツ4/2の記事 なかなか懐かしい名前を聞きました。 彼女が水着姿で巻頭を飾ったグラビア誌「すっぴん」は宝物でした。 鮮烈でした。 映画「曖・昧・Me」での、ブルマ姿で四股を踏む姿に若い血を煮えたぎらせた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

久々に映画、いまさら「ローレライ」を見に行った

松山に住み着いてから1年と5ヶ月、先日「Mr.インクレディブル」を二人で見に行って以来2度目の映画を見に行った。今度は一人である。 見たいみたいと思いつつ見ていなかった一本「ローレライ」だ。 公開が金曜日までという事で、尻に火をつけて割引券をプリントアウトするのも忘れ家を出る。 「やまたのおろち」の樋口監督作品である。ガメラは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more